八筋川樋管の工事

(『冬の与田浦畔』のつづき)
FI2618316_1E.jpg与田浦の西側水面から分かれて、さらに西に向かい、横利根川に突き当たって終わるエンマの一つ、長島川の終端部に来ました。こちらに来るのは、初めてです。

道はここで高度を上げ、横利根大橋で横利根川を渡るのですが、ちょっと見ておきたいものがあったので、橋詰で側道に入りましょう。しかし、入口に立ち並ぶ看板を読むと、少々不吉な予感が。「八筋川樋管新設工事」とあります。まあ、工事中の様子も興味があるので、とりあえず道の奥へ。

FI2618316_2E.jpg長島川の果ては、側道を入ってすぐでした。正面に見える、白い住宅のような建物が、どうやら排水機場のようですね。まだ建って間もない、ま新しい感じです。

与田浦をはじめとする十六島の内水は、江東内部河川の一部と同じく、土地の低さに合わせて、人為的に水位を下げた水域。数ヶ所ある排水機場は、欠かせない施設です。

FI2618316_3E.jpg側道をさらに奥へ進み、横利根川の岸から東を見たところ。波板張りの、工場のような建屋が、旧排水機場のようです。

見たところ、施設は排水機場と樋門のみで、閘門はもとからなかったようですが、もっと昔は、横利根川に通船できたのでしょうか。



FI2618316_4E.jpg横利根川と接する部分は、工事たけなわで雑然としており、フェンスの内側は法面造成の準備か、掘り返されていました。

向こうに見える樋門を撮ってみたかったのですが、残念ながら近づくのは無理そうなので、この写真でガマンすることに。工事は今年3月末までとのことなので、桜の季節には、すっかり様変わりしていることでしょう。

FI2618316_5E.jpg樋管のすぐ上流側に見える、横利根大橋。その名のとおり、横利根川最大の橋でもあります。ちなみに横利根川、この橋を含めて、道路橋は3本のみ。

穏やかな天気に恵まれて、この日の水郷ドライブも、楽しく過ごすことができました。ふたたび横利根川を渡って、十六島を離れ、帰路へ…。
撮影地点のMapion地図


(21年1月3日撮影)

(この項おわり)