冬の扇島閘門…2

(『冬の扇島閘門…1』のつづき)
FI2618314_1E.jpgエンマ側の扉体は、完全に閉じていました。

大割水路側の扉体は開いていましたから、閘室までは同じ水位です。エンマとの水位差は、20cmほどでしょうか。




FI2618314_2E.jpg橋の下にもやわれた、サッパの位置も、以前とまったく変わっていません。ここが定繋港(?)なのでしょう。

舟の状態は悪くなく、割と頻繁に使われているようでした。




FI2618314_3E.jpg路肩の枯れ草とせいくらべをしているような、大割水路側のゲートを見ていると、何かこうですね、ムラムラときまして…。

その…、また登ってしまいました。すみませんすみません(泣)。






FI2618314_4E.jpgまあ、すでに1月30日からのタイトルでご覧に入れたので、バレバレではありましたが…。一度、この風景の快さを知ってしまった一閘門バカにとって、ここに登らずに済ますことは、あまりにも酷なことであったのです。

枯れ草におおわれたクロ、掘り起こされ、土があらわになった田と、全体的に茶色っぽい景色に囲まれた閘門も、春先の清々しさとはまた違った、枯れた風情があるように感じました。

FI2618314_5E.jpg逆光に黒く沈む、大割水路の与田浦側を望んで。船影の絶えた、鏡のような水面が、一直線に低い家並みの向こうへ消えてゆきます。

以前ののコメント欄で、がーちゃんさんも書かれていましたが、機会があったら、ぜひ夏や秋にも訪れて、農繁期の閘門の姿も見てみたいものです。黄金色の稲穂の波に埋もれた閘門なんて、きっと素敵に違いありません。


(21年1月3日撮影)

(『冬の与田浦畔』につづく)