新横利根閘門…4

(『新横利根閘門…3』のつづき)
FI2618312_1E.jpg水カーテン越しに、出てゆく艇を見てみたくなり、急いでゲートの後ろへ。

したたり落ちるしずくとともに、水面に作る波紋が逆光にキラキラ光って、とてもキレイです。カメラの腕がアレなので、うまく写真でお伝えできないのが、もどかしいくらい。



FI2618312_2E.jpg通航シーンを、別アングルから。

こうして見ると、橋の取り付け道路の高さが、ちょうど閘室と下流側ゲートを見下ろせる位置にあり、閘門の観賞には、絶好のポイントとなっていることがわかります。暖かな季節なら、お弁当持参で、土手の上に腰を下ろし、日がな一日眺めていたくなりますね。




FI2618312_3E.jpg同じようなことを、何度もくり返して恐縮ですが、やはり閘門は、通船あってこそですねえ…。

普通の水門は、一旦火急のときにしか動きませんから、「動」の魅力を味わえるのは、水の階段たる、閘門ならではの贅、といってもよいでしょう。




FI2618312_4E.jpg同じく道路側から、排水機場の建物も。
壁面から突き出た、太い3本のパイプが、いかにも頼もしげです。

正面の看板には、「水機構新横利根機場」とありました。




FI2618312_5E.jpgおまけ。閘門の近く、常陸利根川の河原で見た、黒い水鳥の群れ…。人見知りな性格(笑)なのか、ちょっと近づいただけで、いっさんに逃げ出し、数秒後には全員が水に浮いていました。プリッとしたお尻が可愛らしく、足が長いせいか、逃げ足が異常に速い鳥です。

以前、大船津(過去の記事『松の内の潮来』参照)にもいましたし、鴨にまじって、マリーナでもよく見かけるのですが、こんなにたくさんの群れを見たのは、初めてです。ええと、種類は何て言ったかなあ…。がーちゃんさん、ご存知でしたら、ぜひご教示ください!

(21年1月3日撮影)

【21年2月1日追記】コメント欄でがーちゃんさん(ブログ『がーちゃんフォトアルバム』)がご教示くださったところによると、この鳥はクイナの仲間で、オオバンというそうです。

(『冬の扇島閘門…1』につづく)