新横利根閘門…2

(『新横利根閘門…1』のつづき)
FI2618310_1E.jpg東岸にある、排水機場の建物。閘門と一緒に、穏やかな冬の陽射しを浴びて水面に姿を映しています。

横利根川にそそぐ、一帯の小水路群の排水を引き受けている機場だけに、規模は十六島でも随一で、建屋もなかなか立派ですね。



FI2618310_2E.jpgふたたび土手を登り、閘室と下流側ゲート越しに、横利根川を股のぞき。低い岸に抱かれた川面が、ひたすら地平線まで続く、水郷ならではの川景色…。何度眺めても、飽きが来ません。

かつてはここを、水郷汽船の誇る「さつき丸」などの大型客船が、観光客を満載して、佐原や津宮へかよっていた時代もあったのですね。(水郷汽船については、HAL東関東アクアラインの『霞ヶ浦の昔の画像集とかつての就航船の画像集』に詳しく掲載されています。ぜひご覧ください)

FI2618310_3E.jpg橋の上から、上流側扉体の構造を眺めて。

頻繁に開閉されるせいでしょう、水に浸かる部分は、色が変わっています。まだ水が滴っているところを見ると、少し前に船の通航があったようですね。通航シーン、見たかったなあ…。





FI2618310_4E.jpgメーカーズプレート。径間15m、閘室長40m。艀クラスの大型船も通航できそうですね。水郷の閘門群の例に漏れず、ここもセルフ操作式です。

改築後の行徳可動堰に、閘門が新設されるとしたら、このくらいの規模がいいなあ…と、手前勝手な妄想がモヤモヤと。




FI2618310_5E.jpgふたたび上流側ゲートを、堤防道の東側から。法面にぽつりと立つ木と、閘門の取り合わせが撮ってみたくなったのです。

周りの土地が低いだけに、この程度の高さでも眺望はなかなかよろしく、遠くの山並みまで見渡すことができ、抜けるような青空も手伝って、爽快この上なし…。
まさに閘門日和と言ったところです。


(21年1月3日撮影)

(『新横利根閘門…3』につづく)