新利根川河口水門…3

(『新利根川河口水門…2』のつづき)
FI2618307_1E.jpg美味しいモノは最後に…ということで、閘門の周りをウロウロ。まずは上流側ゲートから。

利根川本流の閘門群(過去の記事『常陸川閘門…1』ほか参照)とよく似た、コンクリート打ちっぱなしの肌に、直線的なデザインの造作。その簡素さがまた、閘門天国(?)たる利根川下流域に近いことを思わせて、楽しくなります。



FI2618307_2E.jpgここも利根川の閘門群同様、セルフ操作。把手は3つあり、操作方法も同じのようですね。

う~ん、自分で運転してみたい…。こんど、東京近郊に閘門を新設するときは、ゼヒ「セルフ閘門」にしてほしいです! そういえば、行徳可動堰の改築計画には、閘門設備も盛り込まれている(過去の記事『行徳可動堰…の裏側』参照)そうですから、実現も遠くはないのかも、と妄想しています。

FI2618307_3E.jpgプレートの諸元を眺めていると、扉体の運転速度の項が気になりました。「低速」と「高速」があるのですね。

セルフ操作のときは、どちらの速度で動かしてくれるんだろう? 速度も自分で選択できたら、面白いでしょうね。




FI2618307_4E.jpg下流側ゲートを、何とかフレームに収めたいと、あれこれ試したのですが…ううん、どうやってもこの角度以外はムリ。

こちら側は、水門の巻上機室と一体に造られているので、何かメリ込んだような、しっくりこない形をしています。





FI2618307_5E.jpg閘室からの階段を上がったところ、管理橋の親柱に隣接して、ご覧のような箱がぽつりと。丸い窓が開いて、計器のようなものがのぞいていますが、周りに機器類が並んでいるわけでもなく、ちょっと唐突な雰囲気です。

窓の中をのぞき込んでみると、文字盤には「閘室内水位計」とあり、針は1.3mを指していました。意外と浅いのですね。


(21年1月3日撮影)

(『新利根川河口水門…4』につづく)