今年もあんば様

FI2618304_1E.jpg1月3日は、恒例となったあんば様―阿波大杉神社―にお参り(『あんば様…1』ほか参照)。航行の安全と、皆様のご健勝を祈願したあと、昨年のお札を返納し、改めて新しいお札をいただきました。

例年にも増して、狭い境内は参拝者と露店で賑やか。抜けるような青空に、極彩色の拝殿が美しく映えています。
撮影地点のMapion地図

FI2618304_2E.jpg今年は初めて、坂を下った谷間にある、第二駐車場にクルマをとめたので、その奥に祀られた次郎杉に参拝することができました。鬱蒼たる杉木立に囲まれて、一見あまり目立たないのですが、近づくと幹はひときわ太く、やはりどっしりとした存在感のあるご神木でした。

訪れるたびに、何か舟運時代を匂わす石碑でもないかしらと、境内をウロウロしているのですが、今のところ見つかっていません。今度は昇殿参拝でもして、宮司さんにお話をうかがってみようかしら。

FI2618304_3E.jpg境内の露店で、コルク銃の射的屋さんがあったので、懐かしさに駆られてつい挑戦。子供のころは、射的は得意だったけれど、腕は衰えていないかな…。

狙いはたがわず、みごと全弾命中だったのですが、残念なことに獲物を棚から落とすことはできなかったので、景品はもらえませんでした(涙)。


FI2618304_4E.jpg参拝のあとに訪れたのは、冬枯れの葦原の向こうに広がる、胸のすくような水郷風景のこちら。ええ、また水郷です。

右へと視線を転じると…。




FI2618304_5E.jpgカーブミラーが…ではなくて、その中にご注目くだされ。

もうおわかりかと思いますが、ここは以前から狙っていた、ちょっとしたお楽しみスポット。風は少しあるものの、穏やかな上天気とあって、心おきなく堪能できそうです。



(21年1月3日撮影)

(『新利根川河口水門…1』につづく)