20年度川走り納め…11

(『20年度川走り納め…10』のつづき)
FI2618301_1E.jpg豊洲運河をなかばで左折して、汐浜運河に入り、「川走り納め」のシメとすることにしましょう。

釣り船や屋形船がもやう、船溜の水路であるここも、青空の下に鏡のような水面が広がり、穏やかな年の瀬を過ごしているようでした。
撮影地点のMapion地図

FI2618301_2E.jpgこちらにもやう2艘の釣り船にも、立派な松飾りが。

船たちにとっても、来年がいい年でありますように…。




FI2618301_3E.jpgおなじみ平久水門にも、前を通りがてらご挨拶。

非対称の扉体配置が魅力的なこの水門、わずか数年前まで、眺めるのはともかく、くぐるのはなぜか抵抗があったのですが、最近はまったく気兼ねがなくなり、当たり前のように利用できるようになりました。
それだけ、水門君と打ち解けられたということなのでしょうか。
撮影地点のMapion地図

FI2618301_4E.jpg洲崎南水門の奥、大横川南支川の様子をうかがうと…。

護岸にフェンダーや繋船杭が設けられたほかは、特に異常なし。
写真を見て気づいたのですが、水路中ほどの両岸に、対になって立っている、白い柱みたいなものは何だろう?
今度、確かめに入ってみよう…。

FI2618301_5E.jpg曙北運河、バージの接岸する古賀オールの岸壁前を通りがかると、ありゃ、曳船がピカピカの新型船になっている!
以前何度も紹介(過去の記事『お召し替えですか?』『3月23日の曳船たち』ほか参照)しましたが、ここにはお気に入りのオールドタイマー曳船、第3東海丸改め新明丸が必ずもやっており、会うのを楽しみにしていたのです。

どうやら寄る年波には勝てず、世代交代となったようですね。残念ではありましたが、この新曳船の船名を見ると、「しんめい丸」…、先代船を襲名したことがわかり、ちょっと嬉しくなりました。
撮影地点のMapion地図


(20年12月30日撮影)

(この項おわり)