20年度川走り納め…9

(『20年度川走り納め…8』のつづき)
FI2618299_1E.jpg第十一あかつきのホームポート、晴月橋をはさんだ船溜をあとに、前進微速。

水面は油を流したように静かで、例えデッドスローでも、引き波で乱すのがもったいなく思えるほど。
撮影地点のMapion地図

FI2618299_2E.jpg少し増速して、朝潮水門(過去の記事『朝潮水門』、19年3月29日からのタイトル画像ほか参照)の2番ゲートを通過。

運河から出て、港内の様子も見てみましょう。
撮影地点のMapion地図



FI2618299_3E.jpg朝潮運河を出て、ふと竹芝桟橋の方を見ると、ビルの間にぷかりと、ツェッペリンNT飛行船(『株式会社 日本飛行船』参照)が浮かんでいるのを発見!

遊覧飛行でしょうか、この日は東京上空も穏やかでしたから、快適な空中散歩が楽しめたことでしょう。


FI2618299_4E.jpg少しもやのかかった東京の空を、悠然と進むその姿は、まさに空を征く船の風格があります。

このあと、東京タワーをちょうど半周する形で引き返してゆきました。そういえば、東京タワーも竣工50周年、何か関連する催事でもあったのでしょうか。


FI2618299_5E.jpg春海運河に入り、工事中の豊洲大橋を望みつつ、小休止。

訪ねるたびに、桁が伸びてゆくさまを眺めてきたせいか、最近はだんだん愛着が増してきたように思います。まだ、取り付け道路の土盛りもされておらず、開通はまだまだ先のようですが、出来上がったらぜひ、歩いて渡ってみたいものです。
撮影地点のMapion地図


(20年12月30日撮影)

(『20年度川走り納め…10』につづく)