20年度川走り納め…5

(『花畑運河を走る…7』のつづき)
FI2618295_1E.jpg花畑運河を堪能したあとは、年の瀬らしい川景色を拾って歩こうと、都心の水路に向かうことにしました。帰りも、往路と同じコースです。

中川の屈曲区間を下っていると、本奥戸橋で、本日6隻目の独航艀に遭遇! 今まではすべて下り船だったので、初めての上航船になります。船腹いっぱいに油を飲み込んで、喫水を深々と沈めて上って来るさまは、空船とは違った魅力がありますね。
撮影地点のMapion地図

FI2618295_2E.jpg中川を出て、荒川を少し遡航し、隅田水門から旧綾瀬川に入りました。

出口近くの伊沢造船では、顔なじみの、丸みのある真っ黒な船体の曳船が、うららかな陽射しを浴びて日向ぼっこ中。残念ながら、期待した松飾りは見られませんでした。
撮影地点のMapion地図

FI2618295_3E.jpg旧綾瀬川から隅田川に出て、水神大橋をくぐったところ。こちらも川面は穏やかで、船影もなくのどかな雰囲気です。

写真を撮り忘れたのですが、写真左の汐入公園ではロケをやっており、学生服を着た俳優さんらしい一団が、いっせいに手を振ってくれました。何のドラマだろう…。
撮影地点のMapion地図

FI2618295_4E.jpgおなじみ浅草は、東武鉄道花川戸橋梁。赤いラインの急行電車が、静々と出発してゆきます。

今まで気づきませんでしたが、橋脚の補強工事は終わったのですね。以前の写真(過去の記事『桜探しに出かけてみたら…6』『橋の裏側…4』参照)と、くらべてみてください。
撮影地点のMapion地図

FI2618295_5E.jpg観光汽船のフラッグシップ、ヒミコも年内はこれで見納め、撮り収め。待合室にはお客さんが並んでいるのが見え、年末も忙しそうで何よりですね。

ううん、もうちょっと年の瀬らしいモノが見たい…。
神田川に向かってみましょうか。


(20年12月30日撮影)

(『20年度川走り納め…6』につづく)