水門のユーザー

FI2618281_1E.jpgまあ、アレです(どれ?)、東京の水路には、ご存知のようにたくさんの水門があり、こうして水路を走り回っていると、当然ながら、水門をいくつもくぐることになるわけで…。

生来、この手のものが嫌いでなかったせいもあるのでしょうが、お陰さまを持ちまして、今や(いや、だいぶ前から)すっかり、水門愛好家です。


FI2618281_2E.jpg水門を仰ぎつつ、くぐるたびに思うのですが、こうして水門を艇でくぐるというのも、水門の役割の一つ、開放時の通船機能を利用していることになるわけですが。

とすると、私も言わば、水門のユーザーの一人になるのかなあ、こんなデカイ扉を、自由に通り抜けることができるなんて、なかなか豪勢じゃないの…と、妙なところで、一人悦に入ったりしています。
単なるヘンな奴ですか。

FI2618281_3E.jpg本当なら、水門が守っている、流域の街の人々こそが、水門の恩恵を直接受けている、利用者ということになるのでしょうが、恐らく住民の皆さんは、ユーザーとしての自覚は、ほとんどないに違いありません。

いや、それを自覚するようになったら、川や海にただならぬ事態が訪れているときですから、意識されないくらいの状態が、水門にとっても、幸せなのかもしれませんね。

FI2618281_4E.jpg歩道橋の下を走るクルマのドライバーが、「ああ、歩道橋があるおかげで、スムースに走れてありがたいなあ」と、いちいち恩恵を感じることは、まずない(いたら、それはそれで妙な感じが…)ようなものですか。まあ、インフラとは、そういったものなのかもしれません。

で、何を言いたいかと申しますと、水門のユーザーになるのは楽しい、ということです、はい。

(撮影日は上から…19年9月16日、5月14日、9月16日、7月28日。水門名は上から…上平井水門、日本橋水門、中川水門、洲崎南水門)