「ひのくち」

FI2618278_1E.jpg先日、仕事帰りになじみの古書店に立ち寄ったら、江戸時代の挿し絵つき百科事典「倭漢三才圖會」(Wikipediaはこちら)のうちの数巻が、平台の上で、無造作にばら売りされていました。

この手の本は嫌いではないので、面白そうな巻は出ていないかしらと、手にとってぱらぱらめくっていたら…ありました。「五十七 水類」と「五十八 火類」を収録した巻です。特に「水類」の項には、川や壕、堤(土手)など、土木に関連する記事が多く、絵を眺めているだけで楽しめそうなので、買って帰ることにしました。

FI2618278_2E.jpg中でも、ひゅっと吸い寄せられた挿し絵が、やっぱりコレ! 木製の水門です。
原典である、明代の三才圖會に従い「水閘」と書かれた横には、「ひのくち」と読み仮名がふってあるのが見えます。「樋の口」の意味なのでしょう。
「ひのくち」…イヤ~、優しげと言うか、みやびと申しましょうか…扉体のすき間から、水がチョロチョロ流れてくるような、いい響きじゃないですか!

造作から見て、舟が通れるような大きなものではなく、灌漑水路の、川への注ぎ口を守るような規模のものなのでしょうが、単純な線ながら、特徴はよくとらえられていますね。
よく見ると何だか、両脇の土かぶりが浅くて、水が漏ってしまいそうな描かれ方をしていますが、これは構造を見せるため、あえてこう描かれたように思えました。

FI2618278_3E.jpg今ひとつ、ココロ惹かれた絵がこの「湊」(港)。すでにバレているとは思いますが、キャプションの漢文を読み下すのが面倒で、絵しか見ていませなんだ(笑)。

この絵はなかなかディテールが細かく、動きもあって楽しめますね。
石垣で固められた岸に、階段のある荷揚げ場、左手前には高札場も見えます。伝馬の上で櫂を立てた船頭さんは、力漕して来たのかへたり込んで、疲れた顔です。店先には帳面を手にした番頭さん、人足に指示を出しているのでしょうか。
面白いのは、右上で、荷揚げの様子を見ている風の人物が、外国人らしい風体であること、また右下に舳先をのぞかせている船も、唐船らしく描かれていることです。
だとすると、この絵は長崎をイメージして、描かれたものなのかもしれませんね。