木更津港に拾う…2

(『木更津港に拾う…1』のつづき)
FI2618273_1E.jpg桟橋を自由に歩けるのをいいことに、曳船たちの憩う姿を楽しもうと、あたりをウロウロ。

こちらの曳船たちは、まだまだ元気そう。お揃いの深緑色の塗装が素敵です。木張りの桟橋も、雰囲気抜群で、靴の裏の感触も心地よいものでした。



FI2618273_2E.jpg同じ桟橋を、少し離れたところから。

緑色の曳船たちの、後ろにもやっている青い船体は、二段式のキャブを持つ押船。本船の接岸支援に、活躍しているのでしょうか。


FI2618273_3E.jpg桟橋に接岸しているガット船を、岸辺の遊歩道から仰ぎ見るのも楽しいもの。空船なので、赤い腹を見せ、舷側を高々と上げて、排水量以上に堂々として見えます。

内港は、奥の船溜も含めて、ガット船で占領されたような状態でした。これらがいっせいに出港するときは、さぞかし賑やかなことでしょうね。

FI2618273_4E.jpg同じ船を、桟橋側から。船以上に、このコンクリート桟橋が気になったのです。

古びて表面が風化し、角も丸く落ちて、真ん中あたりは自重で凹んだのか、大きな水たまりができています。
雰囲気としては、先日紹介した、横浜の古い護岸(『新山下運河…3』ほか参照)に似たものがありますね。戦前からあるものでしょうか。

FI2618273_5E.jpgガット船のもやう桟橋の右手にある、プレジャーボートの船溜に使われているこの桟橋などは、キノコ型のビットがいい雰囲気をかもし出しており、いかにも戦前か、それ以前の建造らしい感じがしますね。

ここで思い出したのが、木更津駅の近くで食堂をやっていた、知り合いのおばさんから、子供のころに聞いたお話…。
戦前は、木更津沖は海軍の小艦艇の泊地になっており、おばさんの食堂も2階を海軍下宿として間貸ししていて、軍艦が入港すると、水兵さんたちが休暇を過ごすために帰って来たとのこと。

もしかしたらこの桟橋も、沖がかりする軍艦からの内火艇(ランチ)が接岸して、水兵さんでにぎわっていた時代が、あったのかもしれませんね。
撮影地点のMapion地図


(20年10月19日撮影)

(『木更津港に拾う…3』につづく)