富津岬から…2

(『富津岬から…1』のつづき)
FI2618271_1E.jpg富津岬からの展望といえばやはり、かつての東京湾要塞の一翼を担い、猿島や今はなき第三海堡(過去の記事『さらば海上要塞』参照)とともに、内湾の防衛線をかたちづくった人工の島、第一・第二海堡の姿。

岬が、その位置を指し示すように伸びる手前の島が第一海堡、その左に遠く見えるのが第二海堡です。そのさらに左手、対岸に張り付くようにうっすらと見えているのは、猿島でしょうか。

FI2618271_2E.jpg第一・第二海堡のアップ。第二海堡の向こうは、国内有数の輻輳海域である、浦賀水道航路。こうして眺めている間にも、続々と本船が出入してゆくのが望めます。

数年前までは、釣り人さん向けの渡船があったここも、第二海堡にある消防演習施設の関係者以外は、現在は原則として上陸禁止だそうです。ただ、東京湾海堡ファンクラブによると、会主催でときおり見学会を催されているとのこと。興味のある方は、入会してみてはいかがでしょうか。

FI2618271_3E.jpg南側、東京湾口を望んだところ。風裏とあって、岬の近くには白波は見えず、比較的静か。漁船も何隻か見られました。

右手遠方に、久里浜火力発電所の煙突が小さく見えます。三浦の母港から、東京に通っていたころは、この煙突群はよい目標でした。剣崎の難所を越えて、煙突群の沖をかわし、次の目標である観音崎に針路を取ると、いよいよ内湾に入った、という気がしたものです。

FI2618271_4E.jpg南東側の眺望、房総半島が曇天の下に広がっています。南側の岸は砂浜でなく、テトラポッドで守られているのを見ると、南風が吹いたときの厳しさがうかがえます。

写真では、よく見えないかもしれませんが、海岸沿いには海苔ヒビがびっしりと並び、海苔養殖が盛んであることがわかります。先ほど、富津漁港を訪れたときも、陸揚げされたたくさんの海苔船を目にしました。

FI2618271_5E.jpgうまく撮れませんでしたが、展望台の中央には、ご覧のような金属盤に刻まれた地図が。

う~ん、実は方位石とか、そのたぐいのモノに弱いんですよ。何だか、これを前にしてぐるりの景色を眺めていると、一国一城のあるじになったような、そんな誇大妄想がふくらんでくるのを、抑えられない気分になります。
撮影地点のMapion地図


(20年10月19日撮影)

(『木更津港に拾う…1』につづく)