新富運河を訪ねて…2

(『新富運河を訪ねて…1』のつづき)
FI2618266_1E.jpg新川橋から、西を見たところ。写真左に、桟橋の跡があるほかは、船影も全くなく、航路としての息吹きは、まったく感じられませんでした。

新富運河南岸は、運河沿いに市民公園が設けられているので、緑の豊かな水辺ではありましたが…。

FI2618266_2E.jpg橋の直下に、唯一の船影が…と言ってもご覧のとおり、廃船でした。

浅い水底に腹をつけて、もう10年以上は使われていないのでしょう、不朽を誇るFRP船体も、劣化して方々が欠けていました。


FI2618266_3E.jpg新川橋の周りをウロウロしていたら、盛り下がった気分を、若干持ち直させるような発見がありました。

高欄の橋詰に、写真のような「新富水路」というプレートが、張られていたのです! ほほう、少なくとも地元での呼称は、「新富運河」ではなかったんだ…。まあ、せっかく「運河」の名前に惹かれて、ここまでやって来たこともあり、タイトルはあえて、「新富運河」にさせていただきました。

FI2618266_4E.jpgさらに西へ進み、新川橋から1km強離れた、汐入橋から東を見た風景。ここでようやく、船溜らしい眺めとなり、気分的にもだいぶ持ち直しました。

よく観察すると、航行できる澪筋はかなり限られ、北岸(写真奥)沿いにしかないようです。手前側に見える船は、ほとんど廃船みたいですね。
撮影地点のMapion地図

FI2618266_5E.jpg汐入橋西側の眺め。左手の浜が露出しているあたりには、放置船が多く見られ、杭につないである舟も、頻繁に使われている雰囲気ではありませんでした。

このあたり、まがりなりにも船溜の体をなしているのは、写真の奥右手に、東京湾に通じている水路があるためでしょう。Google航空写真で見た限りでは、この水路もあまり水深はなさそうで、進入時の潮位には気を遣いそうですね。


(20年10月19日撮影)

(『新富運河を訪ねて…3』につづく)