海老取川澪筋に灯標新設

(『帰りの京浜運河で』のつづき)
FI2618260_1E.jpg前後しますが、11月1日の午前中、横浜に向かう途中のお話です。

珍しく輻輳して、ウェーキの反射波がキラキラとまぶしい、海老取川を南下。おなじみ内水路ロングランコースの難所、海老取川澪筋に出ると…。
(海老取川澪筋については、過去の記事『海老取川から多摩川へ…2』、『よりによって…』、『海老取川の旗』ほか参照)

FI2618260_2E.jpg海老取川澪筋に出て、多摩川下流方向を見たところ。いつもなら、澪筋に沿って立ち並ぶ、赤と黄の旗をつけた、おびただしい竿の列を見つつ進むのですが、先日の多摩川訪問以来、修復はされていないようで、本数は以前よりまばらです。

その代わりでしょうか、新しい澪標?が設けられているのを発見! 曲がり角と、多摩川からの入口の下流側の、二本があります。写真ではわかりにくいかもしれないので、矢印をつけておきました。拡大してご覧ください。
撮影地点のMapion地図

FI2618260_3E.jpg曲がり角の外側に設けられた澪標に、近づいてみました。二段になった円筒形の鉄柱で、こげ茶に塗られ、なかなか頑丈そうです。

澪標と言うより、灯標でしょうか。頂部には灯器と、太陽光発電素子が取り付けられています。夜間になると点滅する、フラッシングライトでしょう。これで、夜の出入りも楽になりますね。

FI2618260_4E.jpgこちらは入口下流側のもの。灯器、寸法ともまったく同じようです。
欲を言えば、上半分だけでも良いので、もう少し目立つ色に塗ったほうが、目標としては視認しやすいと思うのですが。

周りで傾いている、旗付きの竿がいかにも哀れ…。
とはいえ、海老取川澪筋の近代化(?)の瞬間に、立ち会えたような気がして、なんだか嬉しくなったのも事実です。

FI2618260_5E.jpg澪筋を出てから、振り返って。

過去の記事「多摩川の帰路に」で、澪筋に何やら調査中の作業船がいたことを紹介しましたが、今回灯標が設置された場所が、まさにその、作業船が停泊していた位置。

ノートPCやモニターをのぞきこんで、分析中といった風情でしたので、底質や水深を調べていたのでしょうね。


(20年11月1日撮影)

(『運河の円盤?』につづく)