入江川水系を眺める…12

(『入江川水系を眺める…11』のつづき)
FI2618256_1E.jpg次々と現れる、桟橋化改造船に目を奪われていると、漁船群の向こうに新子安駅近くの、高層ビル群が見えてきました。

入江川第二派川の終わりも間近、子安浜の東の果てです。




FI2618256_2E.jpg列車の走る音に右手を見ると、電気機関車に引かれたタンカーが通過中。今まで気づきませんでしたが、高島線の線路が、すぐそばまで迫ってきていたのですね。

頭上を走る首都高の音は、ほぼ真下を移動していたせいか、意外なくらい気になりませんでしたが、首都高の桁に反響するのでしょう、貨物列車の音は結構大きく、ちょっと驚かされたほどでした。

FI2618256_3E.jpg入江川、入江川第一派川との十字流が近づいてきました。写真左手から来て、右の鉄橋をくぐるのが入江川。幅が狭まるので、少し左へ寄るような形になりますが、直進すると入江川第一派川です。(Googleマップはこちら

この日は、例によって「呼ばれていない」と思わせる、何とはなしの抵抗感があったので、入江川第一派川の探索はまたのお楽しみとし、入江川を下って、外に出ることにしました。

FI2618256_4E.jpg独特の建築群と、「船いきれ」のあふれる、大都会の中の漁村風景、子安浜。
水門や巨大橋などの、耳目を集めるストラクチャーこそないものの、その濃厚さは、国内で1、2を争う水路風景と言っても、言い過ぎではないように感じられました。多くの人がこの風景に惹かれ続ける気持ちが、今回実見してみて、わかったような気がしたものです。

今回はのぞき見ただけだった、小派川たちの探索も兼ねて、また近いうちにお邪魔してみたくなりました。

FI2618256_5E.jpg十字流で針路を右へ、入江川を下ります。

北風がどっと入ってきて、水面に細かな波が立ち、船足もぐっと速まりました。川に見送られているような気が…(イヤ、追い出されているのかしら?)
撮影地点のMapion地図


(20年11月1日撮影)

(『入江川水系を眺める…13』につづく)