入江川水系を眺める…7

(『入江川水系を眺める…6』のつづき)
FI2618251_1E.jpgぎっしり詰まった船溜が途切れたあたりから、これまたイイ感じの風景が連続して、目が釘付けなわけですが。

水面上に突き出たクレーン、桟橋上に造られた小屋掛けと、水面に向かって開かれた建物群…ここではまさに、水路は道そのものなのでしょう。

FI2618251_2E.jpgその中でも、特にハートをわしづかまれたのが、こちら!
手前の曳船もさることながら、左手、建物と水面の間にある、ほんのわずかなスペースに建っているデリック! こんな絵に描いたようなデリックは、今時おいそれとお目にかかれない気が…(私が知らなかっただけ?)。

さらに、軒下に掲げられた、造船所の看板も泣かせるじゃないですか。「造船」じゃないんですよ、「造舩」ですから! 昔の本を読んでいると、この字が良く出てきたっけ…。意味は同じなんでしょうが、「造船」より「造舩」とある方が、熟練した棟梁が、丁寧にフネを造ってくれそうな感じがします。

FI2618251_3E.jpg入江川第二派川に入って、初めて出会った鴨さん。桟橋の影で、逃げもせずにくつろいでいました。

ハマっ子鴨さん、こんにちはが~。



FI2618251_4E.jpg薄べったい桁橋が見えてきました。荒木橋です。

ん? 桁が垂れ下がっているように見える…。まさかと思いながら近づいてみたら、桁の側面に沿わせた、電路を収めた樋のようなものが、垂れ下がっているだけでした。



FI2618251_5E.jpgくぐりざまに、橋脚に目をやると、何やらごつい筋交が入れられ、補強してありました。

一見した限りでは、そんなに竣工年が古いように見えませんでしたが…。こうして舞台裏をのぞいてみると、かなり痛んでいることがわかりました。
撮影地点のMapion地図


(20年11月1日撮影)

(『入江川水系を眺める…8』につづく)