FC2ブログ

荒川閘門試運転!…6

FI1781341_0E.jpgオリエンタル号を先頭に、防災訓練船隊が出てきました。

防災訓練ですからもちろんですが、歓呼の声もなく、静かな出航です。
しかし、約30年ぶりに、旧中川と荒川が通船可能になった瞬間なのです。
記念すべき日と言って、よろしいでしょう。




FI1781341_1E.jpgオリエンタル号が目前を横切ってゆきます。

「救援物資輸送中」の横断幕の後には、「医薬品」「衣料品」「食料品」と上書きされた、ダンボール箱が積まれています。
もちろん模擬的なものなのでしょうが、箱の横につく乗り組みの方々も、真剣そのものの表情。万が一に備えての訓練はやっておいて損はありません。
私も機会があったら、愛艇と一緒にご協力したく思っています。

FI1781341_2E.jpg次に、いわぶち号が閘門を出てゆきます。

市販艇に所要の装備をしたもののようですが、スピーカーとパトランプが、この艇をぐっと精悍に見せていますね。





FI1781341_3E.jpg船隊の最後は、かわかぜ号です。

こうして見ると、典型的な通船タイプの船型で、「仕事をするフネ」の頼もしさがあります。
普段はどんな仕事をしているのでしょうか。



FI1781341_4E.jpg船隊は縦陣を組んで、荒川を下ってゆきました。

発表された予定ですと、このあと、閘門隣接の小松川リバーステーションで傷病者・帰宅困難者を下船させ、新砂水門を経て汐見運河に入り、越中島貨物駅近くの汐枝橋船着場に着岸、救援物資をトラックに積み替える訓練も行うとのことです。

行われている訓練とは、全く別の部分で感慨を催す、不謹慎な約一名でしたが、稼動する荒川閘門の素晴らしさは、想像以上のものがありました。

日曜祝日は、閘門は休業とのことですので(これは他の閘門も同じです)、休みをもらって平日に攻略?しなければなりませんが、やはり愛艇とともに、閘門通過を味わってみたいという思いが、今日の体験で、さらに強くなりました。

一般通船開始の、10月3日は何が何でも休みたい!!

(ちなみにこのあと、マリーナに行って、艇のメンテをして帰宅…)