fc2ブログ

今井水門を眺める

(『旧江戸川の工事』のつづき)
FI2618225_1E.jpg新中川の合流点まで来て、旧江戸川を道なり…いや、川なりに曲がらず、直進して新中川へ。写真は、建設中の新しい瑞穂大橋の橋脚です。

エドルネさんのブログ「エドルネ日記」に掲載されていた、「身近な川の風景~瑞穂大橋の工事その1」以下のシリーズで拝見して、一度近くで見ておきたいと思っていたのです。
一見、橋脚以外の工事は、進んでいないように見えますが、堤防の向こうでは、橋台や取り付け道路の建設が、日々進められているのでしょう。

FI2618225_2E.jpg真新しい橋脚のすぐ上流側には、新中川を守る防潮水門、今井水門があります。赤い扉体の時代から、すでに何度か紹介していますが、今回は少し、違った角度から、じっくり眺めてみたくなりました。

スロットルを引いて減速しつつ、架け替えが迫る、現在の瑞穂大橋をすかして、チラ見。この橋の上は、絶好の水門観賞スポットでしょう。愛好家の皆さん、架け替えられる前にぜひお訪ねあれ。

FI2618225_3E.jpg西側を見たところ。都内最多を誇る(?)青い7枚の扉体が、低い秋の陽を浴びて輝いています。

こうして眺めていると、青い水門もなかなかいいなあ…と、赤水門原理主義(笑)に早くもぐらつきが…。




FI2618225_4E.jpg3番の扉体をくぐって、今度は逆に、水門をすかして瑞穂大橋をチラ見。

扉体の表面、こうして間近で見ると、なかなかきれいですね。まだ塗り替えてから、間がないのでしょうか。



FI2618225_5E.jpg上流側の表情も。扉体が多いだけに、構造があらわになっているこちら側の眺めは、重厚かつメカニカルです。

ここを通るときは、下航船と行き合うことが多いのですが、この日は珍しく船影なし、静かな水門の表情を、楽しむことができました。
撮影地点のMapion地図


(20年10月12日撮影)

(『明和橋を眺める』につづく)