FC2ブログ

旧江戸川の工事

(『10月12日の荒川湾岸橋』のつづき)
FI2618224_1E.jpgあてもなく…とは言うものの、午後の出港とあって、訪ねられる水路は限られています。2、3見てみたかったものもあり、左へ舵を切って三枚洲の水路を抜け、ふらりと旧江戸川へ。

浦安のあたりまで遡上してくると、東岸沿いに何本か、クレーンのブームが林立しているのが目につきました。工事でしょうか。

FI2618224_2E.jpgクレーン船二隻がもやう岸寄りに、台船に載せられた杭打ち機がいるところを見ると、護岸の工事のようですね。

都内でよく見られるような、在来のコンクリート堤防の前に、新たな護岸を築くのでしょうか。



FI2618224_3E.jpg少し上流には、いま一隻の杭打ち機を載せた台船が。

こちらには、小型曳船が接舷しています。近づいてみましょう。
撮影地点のMapion地図



FI2618224_4E.jpgええと、これは…。「さんご3号」でいいんですよね? 「ごんさ」ではないですね。

なりの割には、大きなウインチを備えているところを見ると、台船のアンカリング作業を担当する、揚錨船でしょうか。小さな働き者といった風情です。

FI2618224_5E.jpg妙見島を過ぎたところでエンジンを止め、釣り船が憩う、静かな船溜の風景を楽しんでいたら、満ちてくる潮の流速に押されて、艇はかなりの速さで遡上してゆきます。

潮に押されて音もなく、ぐいぐいと遡上する艇の様子が楽しめるのは、岸を間近に見られる川ならでは。対景に乏しい海の上では、例え速い潮流に乗ろうとも、進んでいる実感は、こう簡単には得られないでしょう。


(20年10月12日撮影)

(『今井水門を眺める』につづく)