FC2ブログ

有明埠頭をめぐる…3

(『有明埠頭をめぐる…2』のつづき)
FI2618220_1E.jpg浮きドック群のいる、中防北東岸から若洲の方向に目をやると、見慣れた感じのする、機械の固まりのような船影が見えました。

以前も紹介した、港湾局の浚渫船「雲取」です。最近、定繋地である港南の岸壁に、姿が見えなかったので、どこに行っているのかな、と思っていたのですが、この水域で仕事をしていたのですね。
もちろん吸い寄せられて、有明からはますます離れてしまう始末。

FI2618220_2E.jpg真後ろから。左舷には、浚渫した泥土を運ぶ土運船「しゅんかい1号」が接舷しています。

浚渫船に前後があるの? と思われるかもしれませんが、海底を掘る、コンベア式のバケットがあるのが前で、写真にも見える、船を固定するスパット(杭)が立っているのが後ろなのだとか。

左右に広げられたデリックは、アンカーブームと呼ばれるそうで、ワイヤーの先には錨があり、これをたぐったり伸ばしたりすることで、スパッドを中心にして、船を左右にスイングさせることができます。

FI2618220_3E.jpg接舷している土運船「しゅんかい1号」は、「雲取」と対照的に、よく目立つ明るい塗装。900立米の船倉を持つ本船も、「雲取」の浚渫能力をもってすれば、1時間で一杯になってしまうのだそうです。

この日は日曜日でしたから、もちろん作業はお休みだったのでしょうが、一旦仕事が始まれば、2隻ある土運船は、処分場との間を忙しく往復しなければ、とても間に合わないはずです。

FI2618220_4E.jpg「鋼鉄の城」の司令塔たる、船橋部分をアップで。
これだけ立派なブリッジがそびえていても、推進プラントを持たない「雲取」は、船舶とは見なされておらず、台船に搭載された「事業用電気工作物」という扱いなのだそうです。

雲が厚くかぶさる、あいにくの天気でしたが、むしろ「雲取」の名にふさわしい、厳しい雰囲気が味わえたような気がしました。

FI2618220_5E.jpg曇天をバックに雄々しくたたずむ、「雲取」を堪能して、もうおなか一杯…。

さて、雨に見舞われないうちに、有明埠頭を一周してしまいましょう。
撮影地点のMapion地図


(20年9月28日撮影)

(『有明埠頭をめぐる…4』につづく)