FC2ブログ

9月5日のフネブネ…4

(『9月5日のフネブネ…3』のつづき)
FI2618204_1E.jpg東京港は晴海沖に出てみると、通船に水上バス、曳船に独航艀と、やはり平日だけあって、出船入船の数も桁違い。

横切るフネブネの針路をにらみながら、彼らの作った引き波を次々に越えてゆくのも、また楽し…。


FI2618204_2E.jpgそしておなじみ、工事中の東雲水門の前まで来ると、赤い旗を振る警戒船から、「今船が出るから、ちょっと待ってて!」の指示が。

見れば、櫓を立てた台船に、黒い独航艀が横付け中。台船が稼働しているところを通るのは、初めてです。何か、補給でもしていたのでしょうか。

FI2618204_3E.jpg爆音が高まると、独航艀は後進をかけて、ゆっくりこちらに下がってきました。

船名を見ると、「第二十三芝浦丸」…先ほど、京浜運河南端で追い越した船が、「第二十二芝浦丸」でしたから、同じ船隊の船なのでしょう。甲板上に見える、青く塗られた設備も、よく似ているところを見ると、生コンクリートか何かの輸送船でしょうか。

FI2618204_4E.jpgドロロロン、と爆音を響かせ、ディーゼルの排気臭をさせながらゴースタン。喫水を上げた黒い船体が、視界をさえぎって目前を横切ります。

鉄のフネの、この重量感…、しかも動いているところを、一度ならず間近で堪能できて、嬉しい限り。いっぺん乗ってみたいなあ。

FI2618204_5E.jpg独航艀に見とれていたら、工事中は下航専用になっているセクターゲートから、クリーム色の通船が出現と、全く気の抜けない平日の東雲運河。

いや~、お仕事ブネを楽しむなら、平日に限りますナ…と、今さらながら、再認識させられた金曜日でした。
撮影地点のMapion地図


(20年9月5日撮影)

9月5日の項の参考文献
空港のとなり町 羽田 (写真:横山宗一郎 文:宮田登)岩波書店
鋼製ゲート百選 (『鋼製ゲート百選』選定委員会 編)技報堂出版

(この項おわり)