FC2ブログ

がーちゃんと水路行…1

FI2618179_1E.jpgこの週末になって、少し休みが取れたので、久しぶりの出港となりました。
貴重な土曜休みなので、閘門通過を楽しみつつ、江東内部河川に入り、旧中川で櫓の練習をしようかしらと、まずは荒川を遡上。

一面を濃い濛気がおおい、視界はあまりよくないのですが、風がないおかげで、水面はまるで鏡のよう。滑走に入っても、ほとんど上下動が感じられないほどで、快適に走ることができました。

FI2618179_2E.jpg珍しく、小松川船着場にもやい、釣り人さんに混じって、しばし休憩。エンジンを止めると、波一つない川面は音もなく、本当に静かです。
なかなか着岸する機会もないので、ウロウロと歩き回ったり、興味深くのぞきこんだり。

…ええ、本当は勝手につないでは、いけないんですがね。
あちこち検分していたら、さすが、天下の閘門様のお膝元だけあって、5分と経たないうちに、係りの方がバイクで登場、口頭でご注意を受けました。
「すみません、すぐ出ますから…」と平身低頭、後姿を見送って、艇に戻ろうと振り返った、ら…。

FI2618179_3E.jpgな、ナント、お散歩中のがーちゃん(ブログ『がーちゃんフォトアルバム』)にお会いしてしまいました!
これは嬉しい奇遇です。

ブログでいつも拝見している、可愛らしいがーちゃんのホンモノにお会いすることができて、もう感激。本日のいでたちは、チョンマゲのかぶりものに、水筒持参のお殿様スタイル(?)。
がーちゃん、よかったら、ご一緒しませんか? 「苦しゅうない、よきにはからえが~」

FI2618179_4E.jpgというわけで、がーちゃんご一家と一緒に、江東内部河川を楽しむことと相成りました。ではさっそく、ダイナミックな閘門通過から、堪能していただきましょう。


この日は潮加減がよいのか、船着場のみならず、閘門の入口付近にも、たくさんの釣り人さんが糸をたれています。閘門管理棟から、「入口で釣りをしている方、竿を引いてください!」と、アナウンスがかかるほどでした。
撮影地点のMapion地図

FI2618179_5E.jpg扉体からしたたる水をよけつつ、閘室に進入。がーちゃんは、閘門通過は初体験とのこと、どんな感想を持たれたでしょうか。(詳しくは、近日中にアップされる『がーちゃんフォトアルバム』の記事でどうぞ!)

接舷する段になって、連れが差し出した伸縮式のボートフックが、チェーンに引っ掛けたとたんにスッポ抜け、先端は水面にプカプカ浮く、というアクシデント発生。
哀れ、ボートフックはタダの棒になってしまいました。


(20年9月6日撮影)

【20年9月8日追記】がーちゃんフォトアルバム」の「荒川ロックゲートへリベンジ」にトラックバックさせていただきました。

(『がーちゃんと水路行…2』につづく)