FC2ブログ

荒川下流部に拾う…5

(『荒川下流部に拾う…4』のつづき)
FI2618176_1E.jpgこれは以前もご紹介しましたが、まるでロボット三等兵のような、ユーモラスなスタイルが人目を引き、各所で紹介されている水位観測施設です。

位置から見て、西新井水位観測所と思われます。
ARA詳細地図B/水位データ』参照)




FI2618176_2E.jpg尾竹橋通りを渡す、西新井橋が見えてきました。上流からは、フライブリッジ付きクルーザーが、高速で下ってきます。

桁橋は、天地の幅がなく目立たないだけに、こうして赤系の色に塗装されていた方が、船舶からの目標として見ても、位置がつかみやすいものです。
撮影地点のMapion地図

FI2618176_3E.jpg開通してまだ間もない、日暮里・舎人ライナーの橋…この角度から見上げると、箱状に構造を隠した、橋脚部分の曲線的な処理がスマートで、なかなか魅力的ですね。

一段低いところを走っている、向こう側の扇大橋は、すっかり陰になってしまいました。


FI2618176_4E.jpg川面を恐る恐る横断する鴨さん一家を、珍しく一発で撮影に成功。

「日曜日はフネが多くて、おちおち子供の散歩もさせられないが~」と、ボヤいていることでしょう。



FI2618176_5E.jpg上流側から、首都高中央環状線の五色桜大橋と、都道307号線・江北橋を見たところ。

数ある荒川可航部の橋の中でも、特に優美な姿の橋といってよろしいでしょう。
撮影地点のMapion地図


(20年7月20日撮影)

(『荒川下流部に拾う…6』につづく)