FC2ブログ

荒川下流部に拾う…2

(『荒川下流部に拾う…1』のつづき)
FI2618173_1E.jpg首都高7号小松川線、荒川大橋。これも斜張橋ですが、ケーブルでなく円材を使っており、その本数も少ないので、雰囲気がだいぶ違います。

ちなみに、「荒川大橋」を名乗る橋は、上流の熊谷にもあり、おまけに「新荒川大橋」が、やはり上流の岩淵と、熊谷の荒川大橋に併設されているもの、計2本が存在するという、なんとも、ややこしいことになってしまっているそうです。(Wikipedia『荒川大橋』参照)

FI2618173_2E.jpg国道14号線、新小松川橋と、その上流側に並行する、小松川橋。

左手の河川敷には、延長1km以上に渡って、小松川運動公園が設けられています。
撮影地点のMapion地図

FI2618173_3E.jpgJR総武線、荒川橋梁。複線幅のワーレントラスが3組、すき間なく並行するさまは、まさに鋼材の洪水!

一つの橋脚に乗っているので、これで1本と数えるのかも知れませんが、ほかでは見られない、圧倒的な風景ではあります。

FI2618173_4E.jpgしまった、また撮り忘れだ(涙)、平井大橋…。

上流からは、PWCの大艇隊が、元気よく下ってきました。
このときも、後ろに小さい子供を乗せた、親子連れが何組かいました。タンデム型の普及で、「親子ブネ」が流行っているのでしょうか?

FI2618173_5E.jpgこれもおなじみ、かつしかハーブ橋と、その下でがんばる中川水門、上平井水門を遠望。

この角度から眺めると、改めて、このあたりの土木趣味的密度(笑)が、実に濃厚であることがわかりますわ…。
撮影地点のMapion地図


(20年7月20日撮影)

(『荒川下流部に拾う…3』につづく)