FC2ブログ

荒川下流部に拾う…1

あまりにも馴染み過ぎているせいでしょうか、荒川については、このブログを始めたころと、ほか数回簡単に紹介しただけで、まとまった形でご覧に入れたことがなく、以前から気になっていました。

そこで、これから少しづつ、通過した区間を記録するように心がけ、いずれ全可航域がご覧に入れられるよう、がんばりたいと思います。あまり通好みのものはありませんが、お目汚しまで。
まずは、先月の新河岸川訪問の道々に撮ったものから、橋を中心にご紹介します。

FI2618172_1E.jpg河口にそびえる第一橋、荒川放水路橋梁ほかの橋梁群については、過去の記事「荒川湾岸橋づくし」ほかを参照していただくとして、今回は第二橋、清砂大橋から。

やはり斜張橋の魅力は、天を突く主塔と、そこから桁に伸びる、ハーブ型ケーブルが織り成す造形にありますね。桁の向こうに見えるトラス橋は、地下鉄東西線・荒川中川橋梁です。

FI2618172_2E.jpgかつては荒川の第一橋だった、葛西橋。

隅田川の清洲橋にも似た、荒川では珍しい、ちょっと古風な感じの橋ですが、竣工は昭和38年とのこと。(Wikipedia『葛西橋』参照)
撮影地点のMapion地図


FI2618172_3E.jpgそして毎度おなじみ、いとしの閘門様。
ここのところ、すっかりご無沙汰していますが、近々またお邪魔しますので、どうぞよろしくです…。

このすぐ上流には、都営新宿線のトラスがあるのですが、撮影に失敗(泣)。


FI2618172_4E.jpg干潮時の流速を感じながら、快く遡上を続けます。次にくぐるのは、新大橋通りを渡す、船堀橋。

おや、向こうに見えるのは…。



FI2618172_5E.jpg護岸の工事でしょうか、岸に寄り添うようにして、クレーン船が停泊中です。
場所は、中川の江戸川競艇場(ややこしいな)の前あたりでした。

航行はきわめて快調、続いてどしどし参りましょう。
撮影地点のMapion地図


(20年7月20日撮影)

(『荒川下流部に拾う…2』につづく)