FC2ブログ

水郷を見下ろす

(『八幡堀遊覧…5』のつづき)
FI2618168_1E.jpg八幡堀めぐりのあとは、ご当地の守護神、八幡山麓におわす、日牟禮(ひむれ)八幡宮に参拝。
ご存知のように、城下町としての近江八幡を開いた豊臣秀次は、入城わずか5年で自裁、八幡城は廃城となったため、代わって当社が八幡の町のシンボルとして、長きに渡り崇敬されてきました。

都城を模して、碁盤の目に作られた街の山の手に、ちょうど内裏のように神社があるさまは、鎌倉の街と鶴岡八幡宮の関係に似ており、面白く思ったものです。
撮影地点のMapion地図

FI2618168_2E.jpg近江八幡訪問のしめくくりとして、八幡宮裏手にある乗り場から、八幡山ロープウェーで、山頂の城跡へひとっ飛び。琵琶湖や水郷の風景を、眼下に望んでみたかったのです。

ゴンドラ中はガラス張りだけあって、走行中は結構な暑さ…。車内に備えられたうちわで、バタバタ扇ぎながら後ろを振り返ると、ちょうど画面右下に、先ほど通った八幡堀の、新町浜が見えたところでした。
撮影地点のMapion地図

FI2618168_3E.jpg眺望の開けた場所を求めて、城跡の山道をずんずん登り…、ええと、西の丸だったと思いますが、とにかく眺めのよいところへ出ました。

もやがかなり濃くて、遠景が今ひとつではあったものの、かつて「淡海」とも呼ばれた、琵琶湖の水面の雄大さが実感できて、しばし立ち尽くしました。

信長の巨船に始まり、丸子舟が大活躍した水運全盛期から、内水最大の汽船を運航した近代に至るまで、日本一の湖水だけあって、その水運の歴史も多彩で、独特のものがあります。次回はぜひ、琵琶湖を走る船に乗ってみたいです。

FI2618168_4E.jpgぼんやり、琵琶湖を眺めていると、…おっ、水門発見。
田んぼの中を蛇行する川の河口に、1径間のゲートが顔を出しているのを、見逃さいでか(笑)。

琵琶湖の沿岸には、こんな水門がたくさんあるのでしょうね…。ちなみに、地図と照らし合わせてみると、どうもここらしいです。

FI2618168_5E.jpg肝心の水郷も、稜線の向こうにかろうじて、舟乗り場近くの一部分を望むことができました。

中央手前付近に、舟の並ぶ、八幡堀末端部の直線区間が見えます。奥に左手から広がる水面は、西の湖です。あんなに広大に見えた、ヨシ原の中を縫う水路も、水田に挟まれた、ほんの箱庭のように見えますね。ちなみに、写っているコースは、「西の水郷を訪ねて…2」から「西の水郷を訪ねて…4」の範囲です。

暑熱が堪えはしたものの、ほんのさわりとは言え、西の水郷、近江八幡を体験できて、実に楽しい一日を過ごすことができました。

東の水郷とはまた違った、山並みを愛で、ヨシ原に分け入る変化に富んだ水辺風景と、八幡堀の重厚な街並みが、同時に楽しめるご当地の舟遊びは、水運趣味的に見ても、潮来・佐原に勝るとも劣らない面白さでした。船頭さんをはじめ、お世話になった近江八幡の皆さんに、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました!

(20年8月1日撮影)

8月1日の項の参考文献
近江八幡 水都八都 23・24号(07年3月・08年1月発行号)近江八幡観光物産協会
丸子船物語 (橋本鉄男 著)サンライズ印刷出版部
近江八幡の歴史 近江八幡市
舟運都市 (三浦裕二/陣内秀信/吉川勝秀・編著)鹿島出版会

(この項おわり)