FC2ブログ

春海運河スペクタクル…1

(『新河岸川再訪…10』のつづき)
FI2618142_1E.jpg新河岸川を楽しんだあとは、荒川・隅田川を下って、隅田川派川から春海運河に入りました。

春海運河は、今までも何度か、断片的に紹介していますが…、この写真を撮った地点が、隅田川派川との境界線で、いわば最上流部になります。佃、越中島、豊洲に囲まれた三角形の水面の、南東側のほぼ半分は、春海運河の水域なのです。
撮影地点のMapion地図

FI2618142_2E.jpg春海橋の架かる狭窄部を通って、晴海・豊洲両埠頭の間の水面へ。ぜひ見てみたいものがあるのです。

写真は、廃線跡のお好きな向きには定番物件である、東京都専用線・晴海線の晴海橋梁。街中の廃線跡としてつとに有名ですが、周囲の再開発が進んだ今では、以前にも増して、その「取り残され感」が強くなったようですね。



FI2618142_3E.jpgおだやかな水面に浮かぶ、晴海大橋の向こうに、本日の見たいもの物件、その①が見えてきました。

さてさて、どんな具合でしょう、楽しみです。


FI2618142_4E.jpgそう、建設中の豊洲大橋です。写真は豊洲側の橋桁。

環状第2号線 豊洲大橋整備事業」(東京都第五建設事務所)によると、全長は550m、橋桁は山口、広島、兵庫県で組み立てられ、はるばる運ばれてきたとのこと。
この1径間が、巨大な台船に載せられて、海上はるか数百浬を運ばれてきたというだけで、もうなんだか、血沸き肉躍るものが。

FI2618142_5E.jpg晴海側は、すでに2径間が架設済みですね。ラーメン構造の、三角形の橋脚部分がアクセントになっていて、並行する晴海大橋と区別する意味でも、良いデザインといえそうです。

さて…、架設途中ということは、橋の断面を観察できる、滅多にないチャンス!
はやる気持ちを抑えつつ、スロットルをわずかに倒し、微速前進!
撮影地点のMapion地図


(20年7月20日撮影)

(『春海運河スペクタクル…2』につづく)