FC2ブログ

ヒミコ

FI1758370_0E.jpg汐留川水門を出たとたん、強烈な南風と三角波で、艇は激しくピッチング、速度を落とさざるを得ませんでした。

私の艇は、21ft艇としては、わりと凌波性のいい設計なのですが、それでもバウが波頭に突っ込み、砕けた波はスプレーになり頭上から降り注ぎ、バウがすくい上げた海水が艇内に流れ込むほどでした。

そんなとき、日の出桟橋から出てきた水上バス「ヒミコ」が、難航する我々を尻目に、力強く隅田川を遡行してゆくのに行き合いました。

FI1758370_1E.jpgご存知の方も多いと思いますが、「ヒミコ」は、漫画家・松本零士氏デザインの水上バスです。
昔の爆撃機の、ブリュスター銃座のような窓が印象的な、まさに松本漫画がそのまま具現化したようなスタイルで、就航が報じられたときは、私も大いに胸をときめかせたものです。

写真は、1メートルもピッチングする艇上から、連れが苦労して撮ったものですが、宇宙船さながらの造作を持つ「ヒミコ」には、荒天を冒して突き進む、写真のようなシーンが、最も似合っているような気がしました。

FI1758370_2E.jpgようやく浜崎橋にたどりつきました。汐留川水門から、たった5~600メートルしか離れていないのですが、荒波にもまれたため、、まさにようやく、といった感じです。

ここは正式には、上流に渋谷川や、暗渠化した宇田川を擁する、古川の河口です。
「川」と名乗りながら、その実運河であったり、埋め立て時に残した水路が多い、東京の可航水路ですが、古川は珍しく、その名の通り歴史の古い、自然河川なのです。

FI1758370_3E.jpg新浜崎橋に近づいたところです。

何本もの橋や高架道路が重なって、さながらトンネルのように昼なお暗いのは、東京の水路のお約束ですが、臨海部は特に土地が限られていることもあり、交通が輻輳してしまうのでしょう。
こんな、少々無粋とも思える風情でも、ここは芝浦運河を中心とした、東京南西の運河地帯の玄関口なのです。

もちろん私が勝手に考えた分類ですが、地図を見ていると、隅田川・荒川・中川などを除いた、東京の可航水路は、4つのグループに別れているように見えます。

第一に、小名木川を中心にした、江戸以来の水路地帯、墨東地区。
第二は、神田川・日本橋川を有する都心の水路たち。
第三は、埋め立てとともに新たに広がった、江東区南方の大運河地帯。
そして第四は、今回訪問した、京浜・芝浦運河をメインラインに、古川から海老取川の間に展開する水路群です。

京浜運河は、以前から幾度となく利用していたのですが、古川や芝浦運河は初めてですので、近場にもかかわらず、久しぶりにワクワクした水路行となりました。
前述のとおり、お天気が心配でしたので、またも駆け足となりましたが、次回よりその結果を、お目にかけたいと思います。

水上バスの、東京都観光汽船のサイトはこちら

(17年8月21日撮影)

浜崎橋のYahoo地図