FC2ブログ

中防水路…3

(『中防水路…2』のつづき)
FI2618087_1E.jpg水面上に張り出した大型の上屋は、都内各所からバージで運ばれてきたゴミを、処分場に揚陸する施設です。

過去の記事「神田川…2」や、「石神井川初探訪…1」で紹介したようなバージの、終着地がここ。中に船はいるでしょうか。

FI2618087_2E.jpgさすがに日曜日ですから、作業はしていませんでしたが、おなじみ緑の曳船が一隻、繋留されていました。

こういう「超弩級舟屋」(笑)って、なんだかワクワクするものがありますね。(舟屋については、過去の記事『理想の水路生活?』参照)

FI2618087_3E.jpgこちらは、揚陸施設の対岸、外側埋立処分場の短い水路に設けられた橋。欄干も取り付けられていないところをみると、まだ完成していないようで、恐らく、臨海大橋の竣工と同時に、一般道として共用されるものでしょう。

先に紹介した「かもめが眺めた中防」の「平成9年の写真」を見ると、もとは貫通した水路であり、徐々に埋め立てられたことがわかります。

FI2618087_4E.jpg中心地区の横まできました。

平成8年に完成した、中防合同庁舎をメインに、ちょっとした街のおもむきで、ここだけ見ると、東京港の沖合いにある場所とは思えません。


FI2618087_5E.jpg第二橋、中防大橋。手前には、釣りでしょうか、ハードトップ艇が漂泊していました。

青海から、第二航路海底トンネルを通ってきた道は、この橋を渡ってから右折して、再び海底トンネルをくぐり、城南島に向かいます。
撮影地点のMapion地図


(20年5月4日撮影)

(『中防水路…4』につづく)