FC2ブログ

通運丸と名付けたい!

(『砂町南運河…2』のつづき)
FI2618083_1E.jpg運河の終点付近、若洲の西端角に、本船が横付けしており、荷役中でした。船尾にはランプが開いています。RORO船ですね。

ファンネルマークを見ると、日本通運の船…ちょっと嬉しくなって、スロットルを開けました。

FI2618083_2E.jpg運河を出て、左に舵を切り、側面が見えてくると、舷側に「NIPPON EXPRESS」のロゴが大書きされていました。

しかし、「通」の赤地に白抜きのマーク、こうしてファンネルに大きく描かれているところを見ると、じつに迫力があって、感動もひとしお。

FI2618083_3E.jpgすでに、5月29日からのタイトルでご紹介済みですが、内国通運の川蒸気船が好きで、「マルツー」と縁浅からぬ男としては、アップを載せずにおられませなんだ。

この、昔から変わらない、山吹色の日通カラー…。
地方の駅前に残る、古い日通支店やトラック、果ては引込み線に働く機関車まで、この色に塗り上げられたモノたちを、各地で見かけた記憶があるのですが、最近はだいぶ減ってしまったような気がします。

FI2618083_4E.jpgちなみにこの船、名前を「ひまわり2」といい、東京~苫小牧~釧路の定期航路に就航している、ROROコンテナ船なのだそうです。(参考:日本通運国内海上輸送あかしあライン

5~6月のスケジュールを見ると、日曜日、東京に寄港するのは2回のみですから、ずいぶん幸運な出会いだったことになりますね。

FI2618083_5E.jpg関係者の皆さんには、大変失礼ですが、日通のファンネルをいただいて、「ひまわり」はちょっと、個人的にはしっくり来ない船名ですね。
いきなり妄想を爆発させて恐縮ですが…もし私が船主だったら、迷わず「第××通運丸」と名付けるところです。 

イヤ…こんなに立派な「マルツー」マークを眺めていたら、通運丸以外の名前は、考えられなくなってしまいました(笑)。

こんな妄想がふくらんだよすがとしては、かつて東京湾や、伊豆半島の航路に活躍していた、川蒸気ではない、航洋型の通運丸があった前例によるものです。
客船史に造詣の深い、ななまる氏の研究の集大成である、「明治・大正期 東京湾汽船フリート研究」に、航洋型通運丸の貴重な写真があります。ぜひご覧になってみてください。
撮影地点のMapion地図

(20年5月4日撮影)

(『臨海大橋の橋脚』につづく)