FC2ブログ

羽村堰に遊ぶ…3

(『羽村堰に遊ぶ…2』のつづき)
FI2618078_1E.jpg取水口近くに架かる橋から、下流側を見たところ。
ご覧のように小さな堰があり、角落しでできた低い落差を、澄んだ水がしぶきを上げて流れ下っており、涼味あふれる、まさに水辺の贅と言ったところ。

写真左側は、崖線の上を奥多摩街道が通っているので、取水口周りと同じく、高い玉石垣の壁面になっています。

FI2618078_2E.jpg知人の工務店社長に聞いたところでは…、私の生まれたところは、建物の基礎工事をすると、江戸時代の水道管であった木樋が、さほど珍しくなく掘り出されるような土地だったそうです。

江戸市内の上水源は、他にもいくつかあったので、本当のところはまだわかりませんが、私の足の下をかつて流れていた水は、もしかしたら、ここから導かれていたのかも知れません。

よく知られているように、玉川上水は明治3年(西暦1870年)~5年の、たった2年間ですが、運河として利用されたことがありました。

詳細は、関連書籍やサイトが豊富にあるので、そちらにゆずりますが、上水によって生産力をつけた沿岸の各村からは、江戸時代から通船の陳情が何度もあり、それが退けられると、平行して運河を開鑿する計画まで出たといいますから、一大消費地を前にした農民たちの、安価な大量輸送手段への渇望は、切実なものがあったのでしょう。

短命に終わったとは言え、内陸の、しかも崖線や尾根線に沿ったような、比較的高所を走る通船路は、埼玉の見沼代用水などと並んで、国内では珍しい存在でした。
まあ、見沼のような農業用水ではなく、仮にも上水道ですから、短期間でも通船を許可したということ自体がちょっと異常で、維新前後の混乱を物語っているのかもしれません。

FI2618078_3E.jpg対岸に伸びた堰堤の上を歩いてみたくなり、人道橋・羽村堰下橋を渡って、ほてほてとお散歩。

堰堤の取付けまで、およそ1kmほどでしょうか、約15分かかりました。



FI2618078_4E.jpg橋の中ほどまで来ると、堰の真正面だけあって、ここもまた良い眺め。右側にかぎの手に突き出た横堤や、床固の様子がよくわかります。

現在では、上流にダムがあるため、平常時の流量は少なくなっていますが、かつての多摩川は、江戸に木材を供給する輸送路として、筏による一方通行の水運が、盛んに行われていました。
(多摩川の筏については、『多摩川流域リバーミュージアム多摩川・秋川の水運~筏流し~』に詳しく掲載されています。)

FI2618078_5E.jpg鳥たちのさえずる声を聞きながら、堰堤の上に到着。
堰堤と、河道や上水との位置関係は、Google航空写真をご覧ください。

河川敷と言えど、よほど増水しないかぎり、水の流れないこのあたりは、堰の両側にも大きな木が茂っています。堰堤のコンクリートもひび割れ、草生して、まるで山間の廃道といったおもむきです。
撮影地点のMapion地図


(20年4月29日撮影)

【20年5月27日追記】2段目、上水通船の項を追記しました。

(『羽村堰に遊ぶ…4』につづく)