FC2ブログ

4月27日のフネづくし…1

(『京浜運河点描』のつづき)
FI2618073_1E.jpg恒例の、フネづくしとまいりましょう。
まずは鶴見川河口近くの、曳船溜りで見かけたフネブネを。

この船を見た時は、こんなにも曳船らしくない(失礼)船体ラインの船がいるのか…と、ちょっと驚いたものです。このへん詳しくないのですが、湾奥でよく見かける、底引き網漁船に近い感じがしました。

FI2618073_2E.jpgその前にもやう、黒い船体のこちらは、ちょっと舷側が高めなものの、典型的な曳船タイプ。

船首材が突き出たスタイルは、やはり引き締まった感じがします。

FI2618073_3E.jpgさらに上流側は、もっとゴツくて、たくましい感じの二隻。マストをたたんでいるのが、河川繋留らしくて、いい感じです。

いちばん奥、グレーの船体の、オイルフェンス展張バージでしょうか、いかにも鈍重そうな、船首まわりの造作に惹かれるものが…。

FI2618073_4E.jpgお次は大黒運河の曳船たちを。

造船所近くで見かけた、メザシにもやう兄弟船。
プッシャーとしての機能も、備えているようです。




FI2618073_5E.jpgこちらは、最初に紹介した曳船よりさらに、らしくなさ度合(?)が上回っています。

甲板上の装備からすると、明らかに曳船なのですが、船体がどうも市販艇くさい…。
タイヤのフェンダーが、妙に少ないのも胡散臭く(笑)、「おまえ、本当に曳船なの?」と、問い詰めたい気持ちすら湧いてくるほどでした。


(20年4月27日撮影)

(『4月27日のフネづくし…2』につづく)