FC2ブログ

京浜運河点描

(『海老取川の工事…2』のつづき)
FI2618072_1E.jpg帰途、京浜運河(東京)で見たものを、いくつか拾ってみました。

大井北埠頭橋の近く、大きな洲のかたわらに、昔からある沈船。前後には、ブイが打ってあるので、満潮時でも位置が確認できます。
危険箇所うんぬんというより、小ぎれいに片付けられた水路が、ほとんどを占めるようになった今となっては、もはや貴重な風景かもしれない…、などと考えてしまいました。
撮影地点のMapion地図

FI2618072_2E.jpg品川埠頭橋を目前にしたあたりで、ポーッと長声の汽笛が聞こえました。
橋を透かして見ると、クリスタルヨットクラブのクルーズ船、レディ・クリスタルが、微速でこちらに接近中。

接岸するのでしょう、ゆっくりと右に舵を切り、流れるようなラインの舷側を、こちらに見せてくれました。
撮影地点のMapion地図

FI2618072_3E.jpg客船としては小型の部類とは言え、狭い運河での取り回しは、さぞ緊張させられることでしょう…と、思っているのは私だけで、プロたる船長さんは、慣れたものかもしれませんが。

邪魔にならないように、大きく取舵を切りつつ、ポンツンへの達着を見守りました。

FI2618072_4E.jpg運河も終点間近になって、ちょっとショック(と言うほどのことでもないか)なモノを見てしまいました。

過去の記事「お花見は曇り空だったけれど…7」で触れたように、水上警察署が、湾岸署に統合されたため、あの看板ももう見られないだろう…などと、少々寂しい気持ちになっていたら………。
ご覧のとおり、まだ取り替えられていませんでした。しかも、下4文字「上警察署」だけ、ガムテープで覆ってあるという、かなり「?」な状態で。

ちなみに、Mapion地図では、早くも「湾岸警察署別館」と、書き換えられていました。
撮影地点のMapion地図

FI2618072_5E.jpg京浜運河を出て、レインボーブリッジを望むところまで来ると、ちょうど、伊豆諸島開発の黒潮丸が、出港してゆくシーンに出会えました。

甲板上に、自動車をギッシリ積んで、どちらの島へのお届けものでしょうか。


(20年4月27日撮影)

(『4月27日のフネづくし…1』につづく)