FC2ブログ

大黒運河…2

(『大黒運河…1』のつづき)
FI2618062_1E.jpgマリーナの前を通り、曳船やクレーン船を眺めながら進むと、首都高大黒線・大黒橋のトラスが迫ってきました。

その手前に低く架かる箱桁は、どうやら電路橋のようです。



FI2618062_2E.jpg錆びの目立つフネブネの間に、半ば沈んでいるコレは…何でしょう?

ポンツン式の、足場か何かでしょうか。いずれにせよ、工業地帯の運河らしい、イイ感じになってきました!


FI2618062_3E.jpgちょっと圧倒されるような眺めだったのが、北岸にあったこの、重機の展示場。

写真右側にあった、事務所棟の看板には、「オークション会場」とありましたから、中古重機のディーラーかもしれません。しかし、最近のこの手のクルマ、塗装がカラフルになりましたね。

FI2618062_4E.jpgそして、上屋付きの揚搭施設…。

やはり「運河」と名乗るからには、こうでなくてはいけません(?)。



FI2618062_5E.jpg北岸には、短い水路がありました。新日本石油精製の、大きなタンクが立ち並ぶ横を、首都高横羽線のあたりまで入る、長さ100数十mほどの短いものです。

名前はわかりませんでしたが、大正末から昭和初期にかけて、造成された埋立地だけに、何か、いわくがありそうな感じがしますね。
撮影地点のMapion地図

(20年4月27日撮影)

(『大黒運河…3』につづく)