FC2ブログ

鶴見川…2

(『鶴見川…1』のつづき)
FI2618048_1E.jpg鶴見大橋を含めると、4本の橋が密集する、橋脚の林の間を微速で抜けていると、引き潮で早められた流速が橋脚に当たり、パチャパチャと水音をさせているのが見られました。

橋脚で分けられた水流が、お互いに干渉しあうのでしょう、思わぬところで小さな渦を生じていたりと、しばらく眺めていたくなるような、惹きこまれる面白さがありました。

FI2618048_2E.jpg鶴見大橋をくぐって、上流側を見たところ。

東岸は今までと同じく、護岸のみで変化に乏しい感じですが、西岸には船溜と親水施設が連なり、河畔の利用度が高そうです。

FI2618048_3E.jpgちょっと気になったのが、この斜めに切れ込んだような、コンクリート護岸に囲まれた一角。写真ではよく見えませんが、左端に小さな水門も付いています。航空写真を見てみると、かつての澪筋か、古い海岸線の跡の小水路を、暗渠化したもののようですね。

さらに、西岸に沿って進んでゆくと…。
撮影地点のMapion地図

FI2618048_4E.jpgいきなり小さな砂嘴が突き出していて、ドキッとさせられました。

水深を見て、澪筋が西岸沿いにあると判断したため、岸に寄って進めば安心、と思っていたら…。


FI2618048_5E.jpg砂嘴を大げさに避けて、川の中央に出ました。写真のように、樋門があったため、ちょっと気をとられてしまったようです。

樋門から吐き出された、砂が溜まったのか、それとも導流堤か何かがもともとあって、砂がかぶさっただけなのか…。
なぜあそこに、砂嘴が生じたのか、判じかねる唐突さがありました。


(20年4月27日撮影)

(『鶴見川…3』につづく)