FC2ブログ

イイ感じのポンポン船

FI2618040_1E.jpg3月30日のお花見の帰りは、展示目録の新刊でもないかしらと、船の科学館のお土産屋さん、マリンショップに寄り道。

店内に入ってみると、前回来たときにはなかった、ブリキのポンポン船が数種類、入荷しているのを発見。その造作に、何かただならぬ(笑)ものを感じて、手に取ってみました。
プレスでしぼった天地2ピースの船体は、切り口の折り返しが全くない、言わば抜きっぱなし。煙突も、金切りバサミで切った端切れを、そのまま丸めてハンダづけした風と、商品らしからぬガサツさに、シビレました!

FI2618040_2E.jpg船体の天地を、何気なく外して中を見たら…。その瞬間に購入決定!
裏側には、お菓子のパッケージと思しき絵柄が、そのまま残されていたのです。 

国内ではおよそ見られなくなった、廃物の缶を転用したおもちゃに、お目にかかれるとは。ちなみにこのポンポン船、インド製だそうです。
私も、子供のころに駄菓子屋で買ったポンポン船の一部に、鮭缶などの絵柄が付いたままだったのを見たことがありますが、さすがに、子供が扱っても、怪我をしないような造りにはなっていました。
やはり、ここまでそのまんま、というのは、ちょっとした衝撃ですね。

FI2618040_3E.jpgキャプションが一切ない、ペン画のみの説明書もまたよろし。

ローソクの台として、ペラペラのスプーン状のものと、水管に水を注入する、塩ビ製と思しき豆スポイトが付いていますが、一つ一つのチープさが何だかいじましくて、泣けてきましたわ。

ちなみに、国産のポンポン船(商品名『ポンポン丸』)は、今でもブリキ玩具専門メーカー、三幸製作所で作っている…はずです。

FI2618040_4E.jpgさすが船の科学館、ミュージアムショップとはいえ、好事家のツボをついた品揃え、あなどれません…。

宗谷や羊蹄丸が並ぶ、有明南運河にある官庁船桟橋には、帆船日本丸が、折からの霧雨に帆桁を濡らして、もやっていました。



(20年3月30日撮影)

【20年4月26日追記】がーちゃんフォトアルバム」の「ポンポン丸」にトラックバックさせていただきました。