FC2ブログ

新砂水門

FI1629447_0E.jpgせっかく梅雨も明けたというのに、このところ休日もつぶれがちで、自艇で出かける時間がなかなか取れず、当ブログの看板もなかば空手形と化しており、お恥ずかしい限りです。

以前撮影したものですが、久方ぶりに、航行中のスナップをお目にかけましょう。

荒川河口に面した、東京の運河地帯の玄関口の一つである、ここ新砂水門も、よく利用する水門の一つです。
ローラーゲート(板状の門扉が上下するもの)が多い中、この水門はセクターゲートという、円弧形の門扉が回転しながら開閉する形式です。
23メートル余りに及ぶ水路幅をふさぐ、2枚のゲートは、さすがに堂々として、見上げんばかりの大きさです。

ご覧の通り、門扉内側の支持部は、荷重を支える構造が入り乱れて、トラス橋にも似た機械美を感じさせます。
ホンの一瞬ですが、通過して両側に目をやるときというのは、ちょっと嬉しい瞬間でもあるのです。

新砂水門のYahoo地図