FC2ブログ

萩原閘門…2

(『萩原閘門…1』のつづき)
FI2617974_1E.jpg閘門の前から、利根川に至る水路を見たところ。ちょうど、雲の切れ目から陽がさしたところで、強風に波立つ川面がキラキラと輝き、とてもきれいでした。

小見川閘門同様、正面の対岸には、兄弟である笹川閘門が見えるのですが…、残念、もうちょっとズームを効かせないと、よく写らないようです。

FI2617974_2E.jpg斜めになってしまいましたが、がんばって閘室内を写してみました。

閘室の内法は、小見川のそれと全く同じです。





FI2617974_3E.jpg利根川側から、全体を見たところ。
門柱にはわせてあるパイピングや階段など、細かな部分を除けば、小見川と変わらない外観なのが、おわかりいただけると思います。

通航する方にとっては、見分けがつきにくく、決して、使い勝手のよいものではないのでしょうが…。量産型閘門が、ここ下利根に集中して存在しているというだけで、一水運バカにとっては、たまらないモノがありますわ(涙)。

FI2617974_4E.jpg利根川側の操作用把手。

「非常停止」はむやみに引くな、と戒めて(?)いるのは、どのセルフ閘門も同じですが、こちらには「非常停止」を引いてしまった後の、復帰方法も書いてありました。




FI2617974_5E.jpg利根川の水際から、下流方向を見ると、彼方にはもう、利根川河口堰の姿が見えました。
あそこにも、隣接している常陸川水門と合わせると、閘門が3つもあるんですよね…イヤ~、嬉しくて顔がにやけてきます。うひょひょ(笑)。

おっと!その前に、相互リンク先である、「日本の川と災害」の管理人さんから依頼された、例のナゾの調査報告をしなければ…。
次回、詳らかにしますので、いま少しお待ちくださいね。
撮影地点のMapion地図

(20年2月10日撮影)

(『幻の閘門?』につづく)