FC2ブログ

息栖船溜…2

(『息栖船溜…1』のつづき)
FI2617969_1E.jpg浜鳥居の脇に立っていた、息栖河岸についての説明板。
最後の数行が印象的だったので、掲載させていただきました。

「お江戸見たけりゃ佐原にござれ…」なんて唄がありましたが、利根川流域の河港街が、物流の動脈である川を通じて、江戸の文物に色濃く影響されてきた歴史は、佐原と同じく、ここ息栖でも例外ではなかったのでしょう。

FI2617969_2E.jpg樋門の管理橋から、船溜を見下ろしてみました。
その最奥部に浜鳥居がそびえ、さらに背後には神社の杜が広がる、小さな、しかし決して窮屈な感じがしない水面…。

恐らく十指に余るであろう、下利根流域の船溜の中でも、ここ息栖の清々しさに、まず敵うものはありますまい。
船溜というのは、船の終着地であり、ある種の袋小路と言ってもよい場所ですが、息栖船溜に、他と異なる空気を感じるのは、ここが袋小路などではなく、玄関口であるからかも知れません。

FI2617969_3E.jpg橋の上からだと、船溜の両端が切れて写ってしまうので、もう一枚。

津宮、大船津と、いわゆる東国三社の浜鳥居を見てきましたが、船溜があるのはここ、息栖だけ…。他の二つは、大河の本流に面しており、しかも、浜鳥居から境内までの距離があるため、船でのお参りはできなくはないにしても、不安があります。
そう考えてみると、昔ながらの、水上からの参詣ができる唯一の存在が、息栖なのではないでしょうか?

FI2617969_4E.jpgもちろん、この船溜は地元の方のためのもので、無断で使ってはいけないのでしょうが、お参りのために数十分停泊する程度なら、きっと許してもらえるでしょう。
常陸利根川を下り、広大な外浪逆浦を横断して、狭い樋門をくぐると、眼前に浜鳥居がそびえている…。

妄想はどんどんふくらんで、留まるところを知りません。いつかきっと、そんな水路行を楽しみつつ、ここに来たいものだと、思わず神社のあるほうに向かって、お願いしてしまうほどでした。

FI2617969_5E.jpg…妄想をふくらましていたら、足元からまた、ガアガアと鳴き声が。
おや、後をついて、船溜を一周してしまったようです。ごめんね、ご飯は持っていないんだよ…(涙)。ショボショボした、黒い目が可愛らしく、人を恐れません。

そういえば、自艇で航行中に、水鳥に出会うたび、餌になるものを持って来ていないのを、いつも後悔しているんですよね…。
次回出港時は、餌を忘れないようにしよう!


(20年2月10日撮影)

(『息栖樋門』につづく)