FC2ブログ

潮汐カレンダー

まさに水路バカの部屋にうってつけの、カレンダーを見つけました!
…と言っても、私が発見したわけではなく、買ってきてもらったのですが…。昨年末、わが家にこのカレンダーが来たときは、思わず顔がほころんだものです。

FI2617954_1E.jpgご覧のとおり、毎日の月の満ち欠けを描いた図の下に、潮汐をグラフ表示したものが配されているのがミソで、さらにその下の欄には、干満時刻とそれぞれの潮位はもとより、日の出・日の入時刻、旧暦月日なども、記入されているというもの。

宵の空を思わせる紺の地色に、レモン色の月がズラリと配されたデザインは、なかなかステキで、潮汐グラフの波形は生き物の鼓動を思わせて、幻想的な雰囲気すらあります。

潮汐のグラフそのものは、すでにおなじみの、海上保安庁海洋情報部HPにある「潮汐推算」(私がいつも参考にしているのは、芝浦の潮汐曲線)で、閲覧することができるのですが、やはり印刷物で、手軽に見ることのできるメリットは、予想以上に大きいものでした。

潮汐のグラフが、一日ごとのこま切れでなく、連続した状態で眺められるのも新鮮で、月齢に応じて、干満が変動してゆく様子がよくわかり、興味深いものがありました。
旧暦とはまさに、月や海とともにあり、人々の生活のリズムも、今とはまた違ったものだったのだろうなあ…、などと、しばし昔を想って遠い目に。いや、不定時法とか、和時計などにも、すごく惹かれるタチでして…。

なお、最初のページにある「カレンダーの見方」を読むと、潮汐グラフはなんと、私がいつも見ている芝浦のもので、日の出・日の入の時刻は、東京都のものでした。
この説明には、ちょっと妙なところがあり、潮汐の部分に、「波の満ち引きのグラフ」「波の高さ」などと、お茶目な(笑)注釈がしてあります。まあ、連続した潮汐グラフを眺めると、確かに大波小波のように、見えなくもありませんが…。

もちろんこのカレンダーは、実用に供することを考えて、作られたものではないでしょうから、正確な情報は、改めて別途確認するべきではありましょう。
ともあれ、浅いところと、天井の低いところ(橋の下、ね)ばかり通る川走り者にとっては、嬉しい構成のカレンダーであり、机の前に貼ってぼんやり眺めつつ、次の航行計画を練るのにも、実に具合の良い優れものです。


月と波のカレンダー 2008
寸法:257×364
発行:graphic station
(東京国際フォーラム1F フォーラム・アート・ショップ)