FC2ブログ

関宿城博物館で購入した書籍

関宿城博物館を参観した後、売店に並んでいる本を見ていたら、あれもこれもと欲しい本が増えてゆき、会計してみたら一万円近くになっていました。(オトナ買いですな‥)
どれも興味深い本ばかりでしたが、中でも出色のものを2点ご紹介します。

FI1567698_0E.jpg【写真集 利根川高瀬船】 千葉県立大利根博物館編・大利根博物館友の会発行
94年3月 初版発行 B5判 本文72ページ
※明治から昭和30年代に至るまでの、利根川水系で活躍した最大の川舟、高瀬船の120点に及ぶ写真を集めたもの。各種の河川用船舶の現役時の写真だけでなく、閘門や橋梁の記録として見ても興味深い。巻頭には高瀬船の構造や船頭の暮らしについての考察、巻末見開きには明治期の河岸一覧つき。
キャプションの記述の中には、疑問をおぼえる部分も少々散見されるが、関東大水運時代を髣髴するには、必見の内容。数十隻の高瀬船が、追手に帆を上げて江戸川を遡行する写真は感動的で、一見の価値あり。

FI1567698_1E.jpg【写真集 水郷の原風景】 千葉県立大利根博物館編・大利根博物館友の会発行
95年3月初版発行 B5判 本文59ページ
※現在大利根博物館のある、水郷・十六島の風物を記録した写真集。水に恵まれ、また水と闘いつつ生きた、水郷の人々の苦労は察するに余りある。
誤解を恐れずに書くなら、部外者から見れば、舟なくしては生活の成り立たない農村地帯というのは、ある種エキゾチックな、興味をそそられる部分があるのも確か。
水路や、船とともにある生活に憧れる向きには、イマジネーションをかき立てる素材としては格好のものと思う。

これらの本は、博物館制作の書籍のため、定価が明記してありません。
控えておけばよかった、と思ったのですがあとの祭りで、お恥ずかしいことに、頼みのレシートもこういうときに限って、紛失してしまうありさま。
ご興味のある方は、大利根博物館にお問い合わせください。

(追記‥価格は博物館のサイトに記載されています。『利根川高瀬舟』¥700-、『水郷の原風景』¥600-)