FC2ブログ

和船友の会で体験乗船…2

(『和船友の会で体験乗船…1』のつづき)
FI2617949_1E.jpg勇んで海辺乗船場に駆けつけてみると、本日2度目のドッキリ。「強風の為 操船中止」の貼り紙が…。
会員の皆さんも、一部片づけを始められていました。そういえば、先ほど写した和船も、一艘はオーニングをかけていましたから、もう仕舞いに行く途中だったのでしょう。

う~ん、やはり寝坊したのが仇になったか…。ご迷惑とは思いつつも、もう一押し、お願いしてみることに。「先ほど電話したものですが…」

FI2617949_2E.jpg幸い、年配の方の判断で、特に舟を出してくださることになり、丁重にお礼を申し上げて、桟橋に出ました。

風が強く、狭い水路上では、注意を要することには変わりないので、櫓を担当する方のほか、胴の間に一人、ミヨシ(船首)近くに櫂を持った方が一人と、ベテランお二人がサポート役として、乗り組んでくださることに。
乗客2名に対し、会員の方3名で舟を動かしていただくという、はなはだ贅沢な水路行となり、やはり無理を言って悪かったかしらと、恐縮しきりです。

FI2617949_3E.jpg貸していただいた救命胴衣をはおり、木の感触が心地よい、胴の間に腰を下ろすと、伝馬船は早速解纜。船着場を離れて、まずは親水公園の南端へ向かいます。

ちょっと意外だったのは、櫓を握るのが、とても若い男性会員だったこと。失礼ながら、一見華奢な彼の印象とは裏腹に、櫓さばきは堂に入っていて、しかも力強く、舟はグイグイと風をついて快走します。
ベテラン会員のお話によれば、若者だけでなく、女性会員も数名おられ、しばらく練習して経験を積んだのち、試験にパスして初めて、お客さんを乗せての「営業航行」が許されるのだとか。

FI2617949_4E.jpg先ほど渡った、千砂橋をくぐった先の水路の太くなったところで、舟を回頭させて北上。ミヨシ近くに座ったベテラン氏が、回頭の際などに適宜櫂を使って、風による横流れを補正してくれました。

漕ぎ手の方の力漕で、先ほどくぐった海砂橋が、あっという間に近づいてきました。船着場の前を過ぎて、しばらく北上します。

FI2617949_5E.jpg水管橋の陰になり、よく見えませんが、清洲橋通りを渡す、岩井橋をくぐります。

このすぐ右手は、橋の下の空間を利用した、和船友の会の船溜りになっているとのこと。未使用時にはオーニングをかぶせるとはいえ、何しろ大切な和船です、雨露をしのげる橋の下は、格好の格納場所に違いありません。
船溜りの水面は、杭とロープで区切られているようでした。
撮影地点のMapion地図

(20年1月27日撮影)

(『和船友の会で体験乗船…3』につづく)