FC2ブログ

がっかりしたけれど…2

(『がっかりしたけれど…1』のつづき)
FI2617947_1E.jpg屋外展示の家々の中をのぞいてみると、どの家も造りに合わせて、お正月の飾りがしてありました。

写真の家は、床の間に花瓶に生けた松と、幣や鏡餅が飾られており、大切にされている感じが伝わってきます。
前回の訪問時にも触れましたが、復元または移設された建築群を、外観だけでなく、内部まで当時の日常を再現しようという、博物館側の心意気が見て取れるようで、展示物を眺めている気がしない、と言っても言い過ぎではありません。

FI2617947_2E.jpg賑やかなお囃子の音がして、獅子舞の一行が家々をめぐり始めました。
小さな子供の中には、お獅子を見たとたん、火がついたように泣き叫ぶ子もいて、見物の輪からどっと笑いが起こります。

お囃子の方々も、相当年季が入っているのでしょう、流れるような見事な音色を味わうことができ、ここでも、往時の浦安が目の前によみがえったような、楽しい気分になれました。

FI2617947_3E.jpgこちらは、「青べか物語」の作中でも、主人公「蒸気河岸の先生」が通う店の一つとして出てくる、天ぷら屋「天てつ」のモデルである、「天鉄」を再現したもの。
内部は、山本周五郎と「青べか」に関する展示がされた、休憩所になっています。

目を引かれたのは、「天鉄」ではなく、その前の路上で繰り広げられていた、これ(↓)…。

FI2617947_4E.jpg…ベーゴマです。
ちゃんと、ゴム引き布をバケツにかぶせた土俵で回しているのも、久しぶりに見ましたが、興じる子供たちの腕前が見事で、ちょっと感動させられるものが…。

彼らの雰囲気も、これまたイイ感じでして、しぐさや物言いが、何と言うか…実にストレート(笑)で、大人が声をかけようものなら、ピシャッと言い負かされそうな迫力すらあり、勝負は真剣そのもの!
まさに、「青べか」に出てくる少年少女…「長」や「おたま」が、現代にタイムスリップしてきたように思える、元気な腕白くんたちでした。

FI2617947_5E.jpgそんなわけで、最初はがっかりさせられたものの、やはり和船のいる水辺を再現した展示は楽しく、前回とは違った表情も味わえて、帰るころにはすっかり上機嫌になっていたのですから、安上がりなものです。

しかし、見るにつけ欲しい気持ちがつのるのが、このベカ舟。川や運河を乗り回すには、大きさも手ごろだし、何よりオモテフナバリ(船首近くの横木)に、帆柱を立てられる穴が開いているのが魅力です。
これで江戸川や見明川(過去の記事『見明川…1』以下のシリーズ参照)を、のんびり帆走してみたいですねえ…。

(20年1月6日撮影)

(この項おわり)