FC2ブログ

関宿で見たもの…2

FI1536526_0E.jpg関宿水閘門の千葉県側は、いくつかの展示物を陳列した公園になっていますが、そこに古風な、妙に短いポニートラス橋がありました。

説明文によると、明治40年に、総武線の江戸川橋梁として架設されたものの一径間を、三分の一の長さに加工して、保存橋梁としたものだそうです。
江戸川ゆかりの橋というわけですね。

FI1536526_1E.jpg浚渫船の横に繋がれていた、木造の端舟です。

ミヨシ近くに甲板類似の板を張るあたりは、「サッパ」と呼ばれる利根川下流の足舟に似ていますが、トモタテイタ(船尾材)は船外機を装着できるように、垂直に近くされ、しかも強化されているようです。

棹が載せてあるのが、いかにも川舟、といった風情です。
一艘欲しいなあ。

FI1536526_2E.jpg閘門上部のフェンスには、上流・下流側ともに、このようなお知らせが貼ってありました。写真は下流側です。

ここでご紹介した、wata2002さんのサイトの画像は、このイベントの時に撮影されたものなのでしょう。
閘門の開閉があるということは、カヌーが通れるくらいの水深を確保しなければ、意味がありませんから、水門も閉じられるのでしょうか‥。

7月10日までに、私の艇で、がんばってここまでたどりつけば、閘門を通過して利根川に行けるかなあ‥‥(遠い目)。
JO_NA_KAさんさんどさんもいかがでしょうか。インフレータブルをクルマに積んで、閘門だけ通過するのも、面白そうですね。

【追記】要は毎年7月の第2日曜日あたりに、閘門開閉のイベントを行っているらしいです。