FC2ブログ

北十間川西端部…1

(『日曜日の閘門…2』のつづき)
FI2617891_1E.jpg話が前後しますが、せっかく江東内部河川に入ったのだから、未紹介区間も訪ねておこうと、北十間川の西端部…十間橋から西に、行ってみることにしました。

曇り空の下、旧中川を北上(旧中川については『旧中川ふたたび…1』以下のシリーズ参照)、江東新橋上流の、北十間川との丁字流を目指します。
写真は、前回の訪問で紹介し忘れていた、かつて、竪川の中川口だった場所です。
「干潮時にすり抜けろ!…8」でも触れたとおり、竪川の新辻橋付近から東は埋め立てられ、公園などに利用されています。ただ排水路として、細い溝渠は残されたので、写真のように暗渠の口が開いているのでしょう。
(竪川可航部については、『竪川…1』以下のシリーズ参照)
撮影地点のMapion地図

FI2617891_2E.jpg北十間川に入りました。最大の難所(?)、小原橋下の狭窄部を通過したところ。(北十間川については『北十間川…1』以下のシリーズ参照)

ここはご覧のとおり、生い茂った木が水面上に張り出している、なかなか雰囲気のある水路ですが、気をつけないと、木の枝に顔面パンチ(笑)を食らう危険箇所でもあります。
後ろを向いて、写真を撮っていた同乗者に、「ホラホラ、頭を下げないと危ないよ!」と、注意していたにもかかわらず、後頭部を思いきり叩かれていました。
撮影地点のMapion地図

FI2617891_3E.jpg横十間川との丁字流近く、柳島歩道橋の架かった短い区間は、北十間川で唯一、親水歩道が整備されているところです。

狭いスペースに、巧みに花壇と散策路を配した設計が、箱庭のような雰囲気で気に入っています。水路のちょうどよい狭さもあって、とても「居心地」(もちろん、艇で通るときの)が良いのです…。

FI2617891_4E.jpg親水歩道の柵に、真っ白な鷺君が留まっているのを発見!

不審船が近づいても動じない、悠揚迫らぬ態度は、まさに水辺の鳥の王者…ホメ過ぎかな?
こんな近くでお目にかかれることは、なかなかありません。




FI2617891_5E.jpg横十間川との丁字流に到着。左は横十間川、柳島橋。前方が十間橋、この先が未紹介区間です。
う~ん、タイトルの区間に到達するまで、一回分を費やしてしまった(泣)…ゴメンナサイ。

東京有数の狭水路の、しかも末端部。さて、どんな川景色を見せてくれるのでしょうか…。
撮影地点のMapion地図

(19年11月11日撮影)

(『北十間川西端部…2』につづく)