FC2ブログ

私の名前は‥

FI1502232_0E.jpg歩いて、またクルマで橋を渡るときは、橋の親柱の銘板や、構造の一部に書かれた橋名に目が行きますが、橋をくぐる船への名前のアピールは、陸に対するそれよりむしろ大掛かりな場合があり、種類も多様で、なかなか興味深いものがあります。

最近撮影した「橋の名前」を、4枚ご覧に入れましょう。
【新亀島橋・亀島川】

FI1502232_1E.jpgこうして並べただけでも、照明付きのもの、立派な銘板であるもの、あっさりとペンキで済ますものと、さまざまな違いがありますね。


【亀島橋・亀島川】

FI1502232_2E.jpg今回採り上げた橋は、いずれも真ん中に名前を掲げていますが、橋名は中央のみに表示されるわけではなく、私の見た限りでは、通船可能なミオのあるところに表示するようです。航路標識も兼ねているようですね。


【豊海橋・日本橋川】

FI1502232_3E.jpgこの永代橋などは、照明のカタチが面白いですね。昔の大型船の両舷灯を思わせるランプケースのデザインに惹かれます。
橋の研究をされている方は、沢山おられるようですが、このような水上に向けた橋名の表示方法を、専門に調べている方がおられたら、ぜひお話を伺いたいと思っています。
【永代橋・隅田川】