FC2ブログ

海老取川の旗

FI2617871_1E.jpg去る8月12日、横浜の川をめぐったあとは(過去の記事『横浜の川をめぐる…1』以下のシリーズ参照)、京浜運河~多摩川・海老取川~京浜運河(東京側)という、定番の「内水路ロングランコース」を通って帰りました。

多摩川を遡航して、海老取川の澪筋に近づくと…。
おや? 何かか違う…。

FI2617871_2E.jpg澪筋を示す航路標識…竿の先に、旗のように布片をつけたあれが、新しくなっていたのです。

傾いた夏の陽を浴びて、キラキラと乱反射する川面に並ぶ、紅い旗たち。
おろしたてらしい色の鮮やかさが、目に沁みるようで、なかなかキレイです。

FI2617871_3E.jpg澪筋に入りました。右舷側には、黄色い旗の群れが、川風にはためいています。

まるで、「幸福の黄色いハンカチ」のよう…。




FI2617871_4E.jpg澪筋を振り返ったところ。
抜けるような青空と、群青色の川面にはさまれて連なる、二色の旗たち。新しいせいか、いつもより頼もしく見えたものです。

恐らく、台風による増水で、澪標が流失したため、新調したものと思われますが、意外だったその美しさとともに、この澪筋を守る人たちの営みも垣間見えて、頭が下がる思いがしたものです。
撮影地点のMapion地図


(19年8月12日撮影)