FC2ブログ

両国橋で呆ける…1

FI2617869_1E.jpg江戸東京博物館を訪ねた日(過去の記事『通運丸がいた!』参照)、運河の模型を見た後だったこともあり、水辺が恋しくなって、帰り道に隅田川畔をお散歩することに。

日も傾いた時刻ということもあり、歩く人の姿も少ない、静かな川景色。両国橋詰のベンチに腰掛けていると、時のたつのも忘れて、しばしボーッと呆けてしまいました。

FI2617869_2E.jpgここは神田川河口、柳橋が真正面に望める、絶好のロケーション。屋形船の船溜りが、夕闇迫るビルの谷間に、沈みつつあるのが見られました。

なにしろ普段は、舵を握りつつ眺める風景なので、楽しいとは言え、それなりの緊張感とセットになっている眺めでもあるわけです。
それが、何の心配もなく、ただボーッと眺めていられるのですから、嬉しくなって、さらに呆心の数分間を堪能。

FI2617869_3E.jpgああ…。
川はいいナァ…。

……と、どこからか聞こえる、腹に響くエンジンの重低音。…船が来る!
ベンチからガバッと立ち上がり、手すりに駆け寄って、カメラを構えてしまいます。
悲しい性ですナ。

FI2617869_4E.jpgベンチに戻ろうとすると、今度は神田川から、一艘の屋形船が、後進で出てきました。

屋形船が、川下側に向きを変えて間もなく、上流からはまた、水上バスが。
ううん、この通船量、さすが隅田川…って、いまさら何を言っているんでしょう。

FI2617869_5E.jpg水上バスの航過を確認してから、屋形船も前進微速、隅田川を下ってゆきました。お台場に向かうのでしょうか。

そんなわけで、意外とボーッとするヒマがありませんでした(笑)。
撮影地点のMapion地図


(19年8月26日撮影)

(『両国橋で呆ける…2』につづく)