fc2ブログ

水運関連の本、三題

最近読んだ水運関連の本の中から、特に面白かった3冊をご紹介いたします。

FI2617867_1E.jpgものと人間の文化史139 河岸 
川名 登 著 (財)法政大学出版局 平成19年8月発行 上製本316ページ

河川水運史の研究家である、川名登氏の最新刊です。
江戸期の利根川流域を中心に、河岸とは何かから説き起こし、大量輸送が必要になり、河川に物流のシステムが形成されてゆく過程、それにともなって活況を呈してゆく「内川廻し」「奥川筋」航路の状況、船頭と問屋間のトラブルを通じて描き出される、河岸の人々の生活など、微に入り細をうがつ記述は、水運史研究の第一人者ならではで、豊富な図版と併せて、黄金時代の水運を知るには、格好の一冊と言えるでしょう。

余談になりますが、この「ものと人間の文化史」シリーズは、立川昭二氏の「からくり」を子供のころに手にして以来、内容とラインナップの素晴らしさに、すっかりファンになって、結構な点数を読んできたのですが、中にはちょっと…、と思える内容のものもあり、当たり外れの差が激しい(失礼)シリーズ、というのが、実感としてはありました。

この「河岸」ですが、欲を言わせていただけば、明治以降の利根川水運の記述に、食い足りなさが感じられるものの、関東大水運時代に思いを馳せるには、余りあるディテールが語られており、その点では間違いなく「当たり」の読後感がありました。

FI2617867_2E.jpg水上学校の昭和史 船で暮らす子どもたち
石井 昭示 著 隅田川文庫 平成16年3月発行 並製本212ページ

この本に出会ったときは、正直、嬉しくなりました。近代に入ってからの、港湾荷役に従事する艀(はしけ、バージ)を住まいとした人々のことを知りたいと、その手の本を探しても、なかなか出会えず、残念に思っていた矢先だったからです。

タイトルのとおり、住居が移動する水上生活者の子弟に、未就学の児童が多いことを憂えた人たちが設立した、東京における「水上学校」の消長を中心にした記録です。巻末には、横浜の「日本水上学校」、瀬戸内など他地方の、水上生活児童養護施設にも、それぞれ一章を設けて触れられています。

注目に値するのは、単なる水上学校の歴史に留まらず、生徒の作文を多数引用して、当時の水上生活者の暮らしぶりを、活き活きと再現する章あり、また、なぜ船を住まいとする人々が生まれたのか、明治以降のいきさつについても、一項を設けて解説するなど、類書が少ないことを意識したと思われる、書き方がなされていることでしょう。

全盛期の昭和10年には、東京だけで7,650世帯・18,286人を数える水上生活者が暮らし、高度成長期、その人口を急速に減らしながらも、昭和40年代まで水上小学校が存続したことを知ると、かつて東京の物流が、いかに舟運を頼ってきたかを目の当たりにする思いがします。
私にとっては、まさに「ポンポン大将」(過去の記事『「ポンポン大将」が見たい!』参照)の世界が目の前に広がった感すらして、興奮の一冊でした。
(水上小学校については、『干潮時にすり抜けろ!…1』でも触れています)

FI2617867_3E.jpg桴(いかだ) 
日本いかだ史研究会 編・著・発行 昭和54年11月発行 並製本224ページ

行きつけの古書店で見つけたもの。筏について専門的に書かれた研究書というのも、出会ったのは初めてで、これまた喜んだものです。
山間部から、河川を利用して流下させる運材法は、各地で古くから行われてきたので、郷土史的な本で触れているのはよく目にしますが、一冊の本にまとまっているのは、非常に珍しいのではないでしょうか。

この本は、当時の名古屋市長が序文を寄せており、研究会の所在地も、名古屋の木場にある「名港運輸㈱内」とあるので、ご当地の銘木業者が、業界の歴史を後世に伝えるために編まれたものと推察します。
当然話題も、名古屋と関係の深い、木材産地の雄である木曽と、木曽材を流下させた木曽川・長良川などの河川に関することが中心ですが、古代から続く筏の歴史と、林政の変遷、筏の組み方や航行法などの技術的な側面に至るまで、図版をまじえて詳しく解説され、興味深く読みました。

巻末には、木曽だけでなく、各地の筏の組み方や、運材法も紹介されています。特に面白かったのは、ばらばらに浮いている木をアバ(丸太を環状に連結したもの)で囲っただけのものも、筏の一種として紹介されていること、また、外洋を曳船に引かれる、海洋筏なるものは、数千立米におよぶものもあること…。
今や、港湾荷役の世界で、わずかに露命を保っているのが現状ですが、華やかな時代に思いを馳せると、筏の世界もまた、実に奥が深そうですね。